「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

2016.08.22 Bill Charlap Trio @ Cotton Club

a0107397_23305261.jpg
1st set:
1.Godchild(Wallington) medium
2.All Through the Night(Porter) up-tempo
3.'Roundabout(Venon Duke) ballad
4.Out of This World(Harold Arlen)
5.Gilter and Be Gay(Bernstein) 6/8
6.Groovin' High(Gillespie) medium-up
7.What Are You Doing the Rest of Your Life(LeGrand) ballad
8.In a Fair to Remember(?)
9.Woody n' You(Gillespie)
Encore:
10.Body and Soul(Johnny Green)ballad/medium

2nd set:
11.I'll Remember April(Gene DePaul-Don Raye) medium
12.Rocker(Mulligan) up-tempo
13.Stardust(Carmichael)ballad
14.I Didn't Know What Time It Was(Rodgers-Hart)
15.Simplicity(Al McKibbon) blues
16.Jump(Bernstein) medium
17.Somewhere(Bernstein)ballad
18.Cool(Bernstein) up
Encore:
19.It's Only a Paper Moon(Harold Arlen) ballad
20.Stay Right with It(Barry Harris)

[PR]
# by makotogotoh | 2016-08-23 04:11

訃報 Louis Stewart

a0107397_540278.jpg
アイルランド出身のベテラン・ギタリスト、ルイス・スチュワートが2016年8月20日死去した。72歳。1944年1月5日生まれ。

[PR]
# by makotogotoh | 2016-08-22 04:11 | 訃報

2016.08.19 Bill Charlap Trio @ Cotton Club

a0107397_6125553.jpg
世間はリオデジャネイロ・オリンピックのメダル・ラッシュのニュースばかり。例年話題の高校野球も霞んでいるようだ。昨年Bill Charlap Trioの演奏を聴いたのも8月だったので、ちょうど1年ぶり。今年は4月に久々の新作『Note from New York』を発表した。その初日のファースト・セットを聴いた。客席はほぼ満席。9割の入りか。ピアノの外谷東さんも来ている。
オープニングの「四月の想い出」はその新作から。ミディアム・テンポで軽やかな幕開け。ラテン・パートは少なく、スイング主体の演奏。ベースやドラムにソロは回さず、テーマからソロ、そしてテーマとピアノのみで一気に処理。レコーディングと違うのは、この日のエンディングでは「The King and I」をさりげなく引用する。
2曲目は急速調。ここからエンジン全開。スピード感のあるピアノ・ソロに続いてドラム・ソロもフィーチャーして1コーラス。
3曲目はチェンジ・オブ・ペースのバラード。一音一音に気持ちをこめて弾く姿が印象的。後半はサビから転調してラスト・テーマ。
4曲目もバラード。アレック・ワイルダーのメドレーである。前半はソロ、リズムが入って「While We're Young」。ラテン・リズムの6/8拍子で、リズムが賑やかなパートもあるが、ソロはピアノのみ。
5曲目もアレック・ワイルダーのバラードで、ミルドレッド・ベイリーやフランク・ウェスの名演で知られるラヴ・ソング。あまり知られていないヴァースをルバート・ソロで、コーラスに入ってリズムが加わりミディアム・テンポ。ベースのソロが1コーラス。その後ピアノがサビまで短いソロ。ラスト・テーマはA8のみ。
6曲目はルバートのソロから。低音域を強調したブギウギ・スタイルである。そして、そのままJohn Carisiの「Israel」に突入。ややこしく編曲したテーマの後、ブルース形式のピアノ・ソロへ。8コーラスを過ぎた頃から、ベースがチラチラと、ピアノの様子をうかがい始める。リーダーのアイ・コンタクトを待っているのだ。11コーラスで、リフ4小節をはさんでマイナーからメジャーに転調。ベース・ソロがきっちり10コーラス。その後ピアノ1コーラスをはさんで、ドラムとのバース・チェンジと大いに盛り上がる。
7曲目はバラード。ルバート・ソロでスタート。イン・テンポでリズムが入って、ソロはサビまで。そのままラスト・テーマは再びソロ。短い演奏。
8曲目はシャーラップの元ボス、ジェリー・マリガンのナンバーから。アップ・テンポでドラムのブラシがよく回る。ピアノ・ソロ6コーラスの後、リフ16+16小節をはさんでラスト・テーマで終演。
初日からご機嫌のようだ。ここで客席に向かって「What Do You Want to Hear?」と問いかけると、タイミングよく「All the Things You Are!」の声が。間をはさまず「OK」といってピアノに向かうと、そのジェローム・カーンの名曲を、短目にていねいに演奏。リクエストをくれた客席3列目の若者に、手を差し伸べてさわやかにステージを去るシャーラップ。客席に心地よい充実感と温かい余韻を残して無事終了。
1st set:
1.I'll Remember April(Don Raye-Gene DePaul)
2.All Through the Night(Cole Porter)
3.The Blue Room(Rodgers-Hart)
4.I'll Be Around-While We're Young(Alec Wilder,Marty Palitz-Alfred Opfer)
5.It's Peaceful In the Country(Alec Wilder)
6.Israel(John Carisi)
7.Lush Life(Billy Strayhorn)
8.Rocker(Mulligan)
Encore:
9.All the Things You Are(Jerome Kern)


[PR]
# by makotogotoh | 2016-08-20 04:11