JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第48回)

a0107397_6592216.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座、新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその48回目。この日、寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
155.Feelin' Good/Pat Bowie(Prestige)より全10曲。
156.Group Therapy/New York Jazz Sextet(Scepter)より全7曲。
157.Lucky Is Back/Lucky Thompson(Rivoli)よりLove/Evil Eva/Passionately Yours/Slow Dough/I'll Be Around/Willow Weep for Meの6曲。
[PR]
# by makotogotoh | 2016-12-11 04:11 | ジャズ講座

Guitarist/Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure

a0107397_7202370.jpg

2人のデュオは3曲のみ。内訳は以下の通り。
1,4,5,8,10:Yoshiaki Okayasu solo
2,6,11:Sadanori Namakure solo
3,7,9:Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure Duo
11曲目のみアンプは通さず、ES-175の生音を拾っている。7,8,9はクリスマス・ソング。
[PR]
# by makotogotoh | 2016-12-06 04:11 | 岡安芳明

2016.11.24 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_20514643.jpg
先月とは打って変わって、真冬のような一日だ。11月として54年ぶりの積雪を記録した東京。今月の岡安ライヴは悪友トリオである。カウンターには浅葉裕文君。髪の毛を伸ばしている。このところ気温・湿度の変化が激しく、ピアノをチェックした吉田は、調律の狂いに愕然る。足元が悪く、気温も低いにもかかわらず常連客が集結。1曲目から、どう弾いたらよいのか悩む吉田。ファースト・セットはモンクの曲を中心に演奏、ラストは「I'll Close My Eyes」で鮮やかに締めくくる。セカンド・セットは、各人のソロでスタート。まずは吉田がスタンダードと敬愛するフレディ・レッドの曲を。続く佐々木は、先頃亡くなった友人が好きだったスタンダードを2曲。岡安はおなじみスタンダード2曲とブルースを演奏。その後はトトリオに戻って、チャーリー・クリスチャン関係の2曲。極寒、気候不順、ピアノも不調という悪条件下でも、力を振り絞って、最後はブルースで盛り上がりをみせ、なんとか終了。
a0107397_20525979.jpg
1st Set:
1.Blue Monk
2.In Walked Bud
3.Polka Dots and Moonbeams
4.Rhythm-A-Ning
5.Five Spot After Dark
6.I'll Close My Eyes
a0107397_20521180.jpg

2nd Set:
7.The Nearness of You(p solo)
8.Reminiscing(Freddie Redd)p solo
9.Mona Lisa-Fly Me to the Moon(b solo)
10.Make Someone Happy-Autumn in New York-The Other Part of Town(g solo)
11.Stomping at the Savoy
12.Airmail Special
13.Chitlins Con Carne-Take the A Train(Theme)
a0107397_20532489.jpg
a0107397_2101391.jpg

[PR]
# by makotogotoh | 2016-11-25 04:11 | 岡安芳明