面白くてためになる寺井尚之のJAZZ講座(第83回)

a0107397_17161838.jpg
大阪のOverSeasで開催中の『面白くてためになる寺井尚之のJAZZ講座』に行ってきました。トミー・フラナガンの足跡を辿るシリーズの第83回目。この日、寺井さんのためになる解説で聴いたアルバムは以下の通り。
a0107397_20325279.jpg
252.『New Picture/Jimmy Heath』(Landmark)から全7曲。Little Birdの愛称で知られ、先ごろ自伝も発表した巨匠ジミー・ヒース80年代の名盤。フラナガンはスペシャル・ゲストとしての参加。TagとInterludeの違いを含め、ビバップに根差したヒップな音楽を堪能しました。エリントン&ストレイホーンへの敬意も感じられる作品。
a0107397_2033314.jpg

253.『The Adams Effect/Peppar Adams』(Uptown)から全7曲。売り出し中のビリー・ハート(ds)を除く4人がデトロイト出身。難しい構成なのに聴く側に難解な印象を与えないアダムスのアイディアが散りばめられた晩年の作品。
a0107397_20331249.jpg

254.『The Art Ellefson Quartet』(Unisson)から「Secret Love 」「Have You?」「Wrap Your Troubles in Dreams」「Summer Serenade」の4曲。エルフソンをはじめ共演の3人は、カナダのトロントで活躍するベテラン。ジミー・ヒース、ペッパー・アダムス、フランク・フォスターという一流どころを聴いた直後では、「格の違い」を再認識させられました。
講座本(第7巻)も好評発売中。
[PR]
by makotogotoh | 2010-09-12 04:11 | ジャズ講座
<< The Walker'... 訃報 Hadley Caliman >>