2017.4.14 Tommy Kotter Trio @ Body and Soul

a0107397_1092973.jpg
2週続けてのB&S。イエテボリ在住のベーシスト、森泰人が、自身のスカンジナヴィアン・コネクションを再稼働させた。復活第1弾の第40回を2月に行ったばかりだが、その時は都合が合わず欠席。続く第41回目は2007年以来10年ぶりの来日を果たしたトミー・コッテル(1956~)のトリオ。今回は発売間近となったTender LandImprovisationという新作2枚を携えての日本ツアーである。
a0107397_10947100.jpg
2007年に比べて、コッテルはかなり太ったが、ドラムのスンドビーは相変わらずの精悍さ。派手なアクションと、かつて学んだ演劇の影響か、舞台俳優のような動作、百面相も繰り広げて、会場を沸かせる。客席は青山学院時代からの知人・友人の他、福田重男や木住野佳子といったプロのピアニストも駆けつけた。 曲はすべてコッテルのオリジナル。彼の曲はどれもユニークだ。長いテーマをもつ急速調のボッサ、アグレッシヴなモード・チューン、フリー・ジャズ的な要素も取り入れつつ、美しい牧歌調のフォーク・ソング、バラードも散りばめた多彩なステージ。アンコール・ナンバーのMori Songは、コッテルがベースの森に捧げて書いた曲で歌詞は日本語。コッテル自身が日本語で歌い、聴衆に熱い感動と深い余韻を残して無事終了。
a0107397_10103254.jpg
1st set:
1.Celebrating Spring (Kotter)
2.Folk Song No.3 (Kotter)
3.Cavelight (Kotter)
4.Ljuset fran Krubban (The Light from the Magner) (Kotter)
5.Seascape (Kotter)
6.Tender Land (Kotter)
a0107397_10105215.jpg
2nd set:
7.Kivik Shadows (Kotter)
8.Flame (Kotter)
9.Winterpoem (Kotter)
10.Tears of Joy (Kotter)
11.Blue Tango (Kotter)
a0107397_10212398.jpg
Encore:
12.Mori Song (Kotter)
a0107397_10101090.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-04-15 04:11 | Swedish Jazz
<< 訃報 Allan Holdsw... Happy Birthday,... >>