2018.1.4. Bill Charlap Trio @ Cotton Club


a0107397_06264791.jpg
 今年のライヴ初めは、結成20周年を迎えたビル・チャーラップ・トリオ。2016年夏以来、1年半ぶりの来日するというのでコットンクラブへ。
昨年、発表した『Uptown, Downtown』(Impulse)が、グラミー賞「Best Jazz Instrumental Album」にノミネートされた。発表は1月下旬だが、他のノミネート作品は以下の通り。
• Rebirth/Billy Childs(Mack Avenue)
• Project Freedom/ Joey DeFrancesco & The People(Mack Avenue)
• Open Book/ Fred Hersch(Palmetto)
• The Dreamer Is The Dream/ Chris Potter(ECM)
 
 最初のセットは、ステージに登場後に、ベース奏者が譜面を楽屋に忘れたことに気づき、再び戻るというハプニングでスタート。チャーラップは機転をきかせて「パリの四月」のソロで始まり、ベース奏者が戻ってきたところで「四月の思い出」とメドレーで演奏。その後はミディアム、バラード、アップとメリハリのついた構成。どの曲もしっかりアレンジされ、テーマ⇒ピアノ・ソロ⇒テーマという短いヴァージョン、ベースの長いソロや、セカンド・リフをはさんでドラムとのバース・チェンジをフィーチャーする展開もあり、これらがすべてアイ・コンタクトだけで進行していく、さすが20年の共演歴を誇るレギュラー・バンドの醍醐味である。Polka Dots and MoombeamsはFreddie Cole(vo)の愛唱曲、ラストのRockerはGerry MulliganがLeroy Andersonの「Sleigh Ride」をヒントに書いたという。後半のセットはコール・ポーターからスタート。Lucky Thompsonのブルース、Alec WilderのIt’s Peaceful in the Countryといった思い入れのある楽曲が並んだ。1月7日まで。

Bill Charlap(p)Peter Washington(b)Kenny Washington(ds)
1st set:
1.April in Paris(solo)-I'l Remember April(trio)
2.I Didn't Know What Time It Was(Rodgers-Hart)
3.It's Love(Leonard Bernstein)
4.Polka Dots and Moonbeams(Jimmy Van Heusen)
5.How about You(Burton Lane-Ralph Freed)
6.The Duke(Dave Brubeck)
7.My Shining Hour(Harold Arlen)
8.Between the Devil and the Deep Blue Sea(solo piano)-Godchild(George Wallington)
9.Rocker(Gerry Mulligan)
Encore:
10.Body and Soul(Johnny Green)

2nd set:
1.Dream Dancing(Cole Porter)
2.Make Me Rainbows(John Williams-Alan & Marylyn Bergman)
3.All throught the Night(Cole Porter)
4.Glitter and Be Gay(Leonard Bernstein)
5.Prey-Loot(Lucky Thompson)
6.One Morning in May(Hoagy Carmichael)
7.It's Peaceful in the Country(Alec Wilder)
8.Put on a Happy Face(Lee Adams- Charles Strous)
9.Woody 'n You(Dizzy Gillespie)
Encore:
10.My Funny Valentine(Rodgers-Hart)

[PR]
by makotogotoh | 2018-01-05 04:11 | Bill Charlap
<< 2018.1.5 Bill C... Vladimir Shafra... >>