2007年 12月 13日 ( 1 )

TONU NAISSOO TRIO @Body and Soul

a0107397_12099.jpg
南青山『Body and Soul』にトヌー・ナイソー・トリオを聴きに行きました。
ナイソーさんはエストニアのタリン生まれの56歳。70年代から旧ソ連、東欧を始め、欧米諸国の主要なジャズ・フェス、国際的なプロジェクトにも参加。ちなみに今回が初来日。リチャード・ロジャースやコール・ポーターのスタンダードも演奏するけれど、この人は60年代末のキース・ジャレットや、70年代初頭のジャン=フィリップ・ブラン(といってもわかりませんね)を彷彿とさせる演奏が印象的です。
前半のセットは、ベースの音がうるさくバランスがいまいちでしたが、後半のセットは改善され、「Be My Love」や「Don't Say Good Bye」など、じっくりと心に染み入るバラードを聴かせてくれました。ボブ・ディランやジミ・ヘンドリクス、アレサ・フランクリンなど、60年代の終わりから70年代初頭のレパートリーがよく似合うピアニストでした。
トヌー・ナイソー(pf) ターヴォ・レンメル(b) アハトゥ・アプネル(ds)
TONU NAISSOO TRIO
Tonu Naissoo(piano)
Taavo Remmel(bass)
Ahto Abner(drums)

1st set:
1.Isn't It Romantic(Rodgers-Hart)
2.You Stepped Out of a Dream(Rodgers-Hart)
3.My Favorite Things(Rodgers-Hart)
4.Lover Man
5.You Are Too Beautiful
6.Col Alma(Gillespie)
7.Milestones(Miles Davis)

2nd set:
1.I Say a Little Prayer(Burt Bacharach)
2.Lay Lady Day(Bob Dylan)
3.I've Got You Under My Skin(Porter)
4.Angels(Jimi Hendrix)
5.My Heart Belongs to Daddy(Porter)
6.Be My Love
7.With a Song in My Heart(Rodgers-Hart)
8.Don't Say Good Bye
[PR]
by makotogotoh | 2007-12-13 04:11