2007年 12月 21日 ( 1 )

Ted Rosenthal の新譜

a0107397_22132697.jpg
ヴィーナスレコードからテッド・ローゼンタールの新作が出る。『組曲 王様と私』(TKCV-35205)に続く今回の作品は、彼が長年伴奏をつとめるヘレン・メリルが歌ってきた有名スタンダード・ナンバーに挑戦。もちろん「You'd Be So Nice to Come Home To」も入ってます。共演は名手ジョージ・ムラーツ(b)、そしてアル・フォスター(ds)。録音は2007年6月。

 BGMとして聞き流すと、単なるお馴染みのスタンダード集と思うかもしれないが、これはかなりの意欲作。歌詞を知り尽くしたテッドらしく「My Funny Valentine」でのタッチの美しさが光る。「Lover Man」や「Don't Explain」での雄弁なベース・ソロ。これには思わず息を呑む。ちなみにテッドは2008年9月にヘレン・メリルの伴奏者として来日予定。発売は2008年1月16日。
『My Funny Valentine/Ted Rosenthal Trio』TKCV-35416
Ted Rosenthal(p) George Mraz(b) Al Foster(ds)
Recorded at the Studio,NYC,June 5 & 6,2007
1.You'd Be So Nice to Come Home To(Porter)
2.My Funny Valentine(Rodgers)
3.Alone Together(Arthur Schwartz)
4.Lover Man(R.Ramirez,J.Sherman)
5.Softly As In A Morning Sunrise(S.Romberg)
6.Don't Explain(B.Holiday)
7.Autumn Leaves(Kosma)
8.I Fall in Love Too Easily(J.Styne)
9.Summertime(Gershwin)
10.Falling in Love with Love(Rodgers)
11.'S Wonderful(Gershwin)
[PR]
by makotogotoh | 2007-12-21 05:19