2013年 06月 08日 ( 1 )

2013.6.7 Benny Green Trio @ Cotton Club

a0107397_473531.jpg
a0107397_23151992.jpg
3日間公演のために来日したBG3の最終日。昨日は1st セット2nd セットをそのまま入れ替え、この日は初日のセットに再び戻した。最終日ということでファースト・セットから会場は大歓迎ムード。パーカーの知られざるオリジナル「Charlie's Wig」、バラードの「Magnanimous」やスロー・ボサの「La Portuguessa」など。椅子から腰を浮かせ、身体をのけぞらせ右手で長いパッセージを弾く熱演も披露した。20年前に録音した「Just A Tadd」や25年前に録音した「Certainly」といった曲は、昔から応援してくれる日本のファンのために用意したようだ。今月末、カリフォルニアで予定されているライヴ録音では、有名スタンダードや昔のオリジナルを演奏する予定はなく、すべて新しい曲で臨むという。その新作を携えて、再びこのトリオで日本に戻ってきてくれるはずだ。
1st set:
1.Just a Tadd(Green)
2.Magnanimous(Green)
3.Charlie's Wig(Parker)

4.Certainly(Green)
5.Blues in C(Green)
6.La Portuguessa(Green)


7.Flying Saucer(Green)

8.Shiny Stockings(Foster)
Encore:
9.52nd St.Theme(Monk)
2nd set:(未聴)
1.Benny's Crib(Green)
2.Kenny Drew(Green)
3.Sonny Clark(Green)
4.Golden Flamingo(Green)
5.Mobley's Excursion(新曲)
6.Blues in Db(Green)
7.Pensativa(Fischer)
8.Old Haunts(新曲)
9.Bish Bash(Green)
Encore
10.Chant(Duke Pearson)
[PR]
by makotogotoh | 2013-06-08 04:11 | Benny Green