カテゴリ:岡安芳明( 83 )

2017.5.25 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_725440.jpg
今月の岡安ライヴはトリオだ。ドラムは宇都宮から高橋幹夫(1958~)が久しぶりの参加。ベースは昨年、海野雅威と10年ぶりのアルバムを出した吉田豊(1975~)である。このトリオは初顔合わせではないが、10年ぶりのリユニオンである。
a0107397_7322348.jpg

はじめて吉田のベースを聴いたのは2005年11月、福居良のトリオだったが、最近は海野との顔合わせで接する機会が多い。吉田とこの店(ソウルトレーン)の関係は古く、かつてはジャム・セッションのリーダーをつとめていた。海野とのデュオだと、先輩として、元・小学校教諭らしいMCできっちり仕切る吉田も、この日の共演者は大先輩2人。久しぶりのオファーで嬉しさ半分、緊張半分といったところだ。
吉田の師匠は金澤英明であり、スタイルには60年代のロン・カーターやリチャード・デイヴィスの影響がみえる。最初のセットは短めに終え、その分後半のセットは長めに。アンコールでは吹上綾も加わり、1曲を披露た。心優しい先輩2人と久しぶりの共演ということで、笑顔と充実感で満ちたベーシストの笑顔が印象に残った。
a0107397_7271154.jpg

岡安芳明(g)吉田豊(b)高橋幹夫(ds)
1st set:
1.Secret Love
2.Sultry Serenade
3.Here's That Rainy Day
4.Love for Sale
5.Just Squeeze Me
a0107397_7225778.jpg

2nd set:
6.I'll Close My Eyes
7.Blue Bossa
8.Like Someone in Love
9.Someday My Prince Will Come
10.Blues in F
11.In a Mellow Tone
a0107397_7231667.jpg
Encore:
12.Misty with 吹上綾(vo)
13.Bye Bye Blackbird
a0107397_7231178.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-05-27 04:11 | 岡安芳明

2017.5.20 Asaba Hirofumi Trio @ Tokyo TUC

a0107397_548506.jpg
岡安芳明の弟子である浅葉裕文君が、自己のトリオで敬愛するバーニー・ケッセルに捧ぐコンサートを行うというのでTokyo TUCへ。
昨年11月、宮之上貴昭プロデュースのギター・サミットにTUCに出演した浅葉君。それがきっかけとなってこの店とつながった。5月17日がケッセルの命日ということで、それに合わせてトリビュート・コンサートのアイディアをやらないか、という提案をTUCイザワさんから受けて、この日実現した。
 メンバーのうち、リーダーとドラムは、スーツでバッチリ決めてステージに登場。ドラムのたきざわ君は、浅葉曰く「ジャズ界のおしゃれリーダー」(おしゃれの)師匠だという。「ミュージシャンがステージに立つ時はちゃんと正装、おしゃれをしないとダメ」というTUC田中さんの哲学と一致する。
 規則正しい生活でスリムになった浅葉君。客席はギターの生徒、都内大学ジャズ研に所属するケッセル・ファンが最前列を占める。レパートリーはケッセルのオリジナルをはじめ、ケッセルの名演で知られるスタンダード、チャーリー・クリスチャンの演奏で知られる曲が中心。スペイン訪問時にイギリスまで足を延ばし、ケッセルの伝記の著者でもあるMaurice Summerfieldと会った時の話を披露した。後半のセットでは年配のお客さんからクリスチャンの曲をリクエストをもらい、さらにハッスル。Gのブルースで締めくくった後、アンコールはケッセルの名曲で無事終了。
a0107397_552296.jpg

浅葉裕文(g)伊地知大輔(b)たきざわあつき(ds)
1st set:
1.I Let a Song Go out of My Heart
2.Bee Deedle Dee Do(Barney Kessel)
3.It Could Happen to You
4.Caravan
5.Autumn Leaves
6.In the Wee Small Hours of the Morning
7.In a Mellow Tone
8.The Masquarade Is Over
9.Take the A Train-Easy Like(Theme)
a0107397_5504722.jpg

2nd set:
10.Medley:I'm Glad There Is you/My Old Flame/I've Grown Accustomed to Her Face(g solo)
11.Satin Doll(g-b duo)
12.Flying Home
13.Seven Come Eleven
14.The Shadow of Your Smile
15.You're the One for Me
16.One Mint Julep(Barney Kessel)
Encore:
17.Salute to Christian(Barney Kessel)
a0107397_5533012.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-05-21 04:11 | 岡安芳明

2017.4.27 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_6281885.jpg
4月も下旬。ようやく春らしくなってきた。ここしばらくドラムレスの編成が続いたが、今月の岡安ライヴは、久しぶりのドラム入りのトリオで高橋徹が加わる。
a0107397_6302666.jpg

高橋と岡安が共演するのは5,6年ぶりだという。客席にはギター教室の生徒も。浅草を歩いていると、寄席芸人と間違えそうな風貌の高橋だが、じつは歴史やレコードに関する博学でも知られる技巧派。そこで岡安は速いテンポや、テクニック重視の曲を選ぶというと、思わず苦笑。期待に応えて、Secret Love、Jeannieなどで鮮やかなスティックさばきを披露。後半のセットは、BossaリズムのI Remember Youでスタート。その後アルバムで録音してからリクエストされる機会が増えたというSomeone to Light Up My Lifeをギター・ソロで。アンコールは、この日遊びに来ていた浅葉裕文トリオのドラマー、たきざわあつきが紹介され高橋とチェンジ。バディ・リッチ、ジーン・クルーパを思わせるスイング・スタイルで盛り上がった。
※岡安門下の浅葉裕文は、伊地知大輔(b)、たきざわあつき(ds)のレギュラー・トリオで2017年5月20日(土)、TOKYO TUCでTribute to Barney Kesselと銘打ったコンサートを開催する。どんな選曲で、どんなステージになるのか。今から楽しみである。
岡安芳明(g)佐々木悌二(b)高橋徹(ds)
1st set:
1.Secret Love
2.Sultry Serenade
3.Jeannie
4.Lover Man
5.There Will Never Be Another You
6.Bluebird
7.Cotton Tail/Take the A Train-Theme-
a0107397_631666.jpg

2nd set:
8.I Remember You
9.Yardbird Suite
10.All Blues
11.Someone to Light Up My Life (g solo)
12.In a Mellow Tone
13.What Am I Here For/Take the A Train-theme-
a0107397_6312789.jpg

Encore:
14.Days of Wine and Roses with たきざわあつき(ds)
15.Straight No Chaser with たきざわあつき(ds)
a0107397_6292397.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-04-28 04:11 | 岡安芳明

2017.3.30 Okayasu Yoshiaki & Keichi Yoshida Duo @ SoulTrane

a0107397_583114.jpg
前日は、NHKFM横浜の公開ライヴにいつものカルテットで出た岡安。その翌日、吉田桂一のデュオである。年度末、プレミアム・フライデーの平日。普段の客席は圧倒的に男性が多いが、この日は吉田ファンの女性が多い。本庄早稲田など遠方から駆けつけたファンも。最初のセットはバラードからしんみりとスタート、エリントン・ナンバーを経て、ピアノをフィーチャーしたスタンダード「Crazy He Calls Me」。吉田はこの曲をウィントン・ケリーの演奏で覚えたという。後半のセットはギターのソロ、そしてピアノのソロでスタート。ビリー・ホリデイのバラードに続き、いつもの愛奏曲をボサで料理。ラストは最新作でも取り上げた「この素晴らしき世界」でしんみりと終了。来月15日から17日まで、旭川と札幌で粟谷巧(b)とのツアーがある。
a0107397_59419.jpg
a0107397_59215.jpg
1st set:
1.Body and Soul
2.It Could Happen to You
3.Solitude
4.It Don't Mean a Thing(If It Ain't Got Swing)
5.Crazy He Calls Me
6.Unknown Blues(Jimmy Smith)
a0107397_591182.jpg
a0107397_592755.jpg
2nd set:
7.But Beautiful(in G) g solo
8.The Days of Wine and Roses g solo
9.Medley:Like Someone in Love-I'll Close My Eyes-A Child Is Born g solo
10.But Beautiful(in C) p solo
11.Reminiscing(Freddie Redd) p solo
12.God Bless the Child
13.Love for Sale(bossa)
14.Yardbird Suite(bossa)
15.What a Wonderful World
[PR]
by makotogotoh | 2017-03-31 04:11 | 岡安芳明

2017.3.19 G'Club Presents 勉強会 第10回

a0107397_846203.jpg
a0107397_8544658.jpg
御茶の水クロサワ楽器で「ケニー・バレルの全貌ばれる!?」と題した勉強会。講師は岡安芳明。参加者の9割以上が男性、老人&中年、若手のギタリスト&ファンが多数集結。弟分の田辺充邦も横浜から駆けつけ、終わったら横浜に戻るという。クロサワ楽器がギブソン社に依頼、1本モノで制作してもらった高級ギター(Super 400、L-5モデルの改良版など)を次々と試奏。どれを弾いても岡安の音がする。
a0107397_8553268.jpg
この日、岡安が指摘したバレルの演奏に関するいくつかの特徴は以下の通り。
・ホーン奏者の息継ぎを思わせる「飲み」のあるフレーズ。ベタベタとメカニカルに弾かない。
・2声のディミニッシュ・スケールをソロで使う。これは他のギタリストがやらないバレルのみの特徴。
・開放弦の使い方がうまい。
・テンション・ノートをコードの上ではなく、ルートの下に置くことで、暖かい音がする。
・クラシック・ギターも勉強しているので、そのアプローチも自己の演奏に取り入れている。
・レパートリーにエリントン・ナンバーが多い。バレルは熱心なエリントン信者。エリントンの音楽を自分のギターで表現している。
ジャズ・ギターがうまくなるには
・目ではなく、耳から入る。
・譜面を見ながら弾かない。音楽を目で追わない。
・スケール練習は意味があるか?本番ではスケール練習はやらない。
・メトロノームを使っての練習に意味があるか? 本番でメトロノームに合わせて演奏はしない。
・MMOに合わせて演奏しない。
・好きなレコードをたくさん聴いて、耳でコピーし、使えるフレーズを増やす。
・好きなレコードに合わせて、バッキングの練習をする。上手いギタリストで、バッキングが下手な人はいない。
・「自分は耳は悪いのでジャズ・ギター辞めます」という人がいる。だが最初から耳の良い人はいない。
・ジャズ・ギターの魅力は、コードに乗せてメロディが弾けること。
a0107397_8564780.jpg
この日、岡安が演奏した曲は以下の通り。ラスト1曲ではお笑い担当のバーニー田辺も加わりデュオで。
1.My One and Only Love
2.Listen to the Dawn
3.The Days of Wine and Roses
4.But Beautiful
5.Charlie Chrisitian風のBlues
6.A Child Is Born
7.God Bless the Child
8.Take the A Train(with 田辺充邦)
a0107397_8574886.jpg
a0107397_8583322.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-20 04:11 | 岡安芳明

2017.2.23 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_6285122.jpg
今月から始まるというプライム・フライデイの前日の木曜日。今月2回目の岡安ライヴはベース抜きの変則トリオ。リズムの要がいなくてもレギュラー・バンドならではの一体感は健在。カウンターには佐津間純の姿も。この日はギターのソロでスタート、始まったのはなんとバラードの「Flamingo」。Burrellも名演を残しているこの曲に、岡安は新しい生命を吹き込む。続いてピアノとのデュオで「Dear Old Stockholm」。ここから一気に加速、躍動感溢れる快演。続いてテナーも加わり「Yardbird Suite」と続く。後半のセットはデュオでスタート。テナー&ギター、ピアノ&ギターで各2曲。その後はトリオに戻って無事終了。アンコールでゲストのアルト奏者、イワタ君も加わって無事終了。
a0107397_627436.jpg
1st set:
1.Flamingo(g solo)
2.Dear Old Stockholm(p+g duo)
3.Yardbird Suite
4.The Things We Did Last Summer
5.Blue 'n' Boogie
6.Ornithology
a0107397_6275689.jpg
2nd set:
7.All the Things You Are(ts+g duo)
8.In a Mellow Tone(ts+g duo)
9.Cool Blues(p+g duo)
10.Cherokee(p+g duo)
11.It Could Happen to You
12.Confirmation-Thing Ain't What They Used to Be(theme)
a0107397_6282138.jpg
Encore
13.SteepleChase
a0107397_6282545.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-02-24 06:26 | 岡安芳明

2017.2.3 Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure +1@ SoulTrane

a0107397_6541231.jpg
a0107397_649795.jpg
今月の岡安ライヴは2回、1回目は中牟礼貞則との共演。昨年12月にデュオのアルバムを出したが、今回はゲストで佐々木悌二が加わる。いつものブルースからスタートしたものの、普段より斬新な中牟礼のアプローチに共演の2人が驚愕。どうもチューニングが狂っていたようで、中牟礼も大変だったようだ。その後はスムーズに演奏は進み、最初のセットを無事終了。後半セットはブルース、バラード、循環、エリントン・ナンバーで構成。アンコールは中牟礼の提案で「Black Orpheus」。ゆったりとしたボサ、SoulTraneの開店16周年の記念すべき一夜を締めくくった。
a0107397_6481387.jpg

1st set:
1.Blue Monk
2.Alone Together
3.Body and Soul
4.All the Things You Are
5.In a Mellow Tone
6.C Jam Blues
a0107397_647422.jpg

2nd set:
7.It Could Happen to You
8.Back at the Chicken Shack
9.In a Sentimental Mood
10.Steeplechase
11.Take the a Train
Encore:
12.Black Orpheus
a0107397_6455487.jpg

a0107397_651277.jpg
a0107397_652584.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-02-04 04:11 | 岡安芳明

2017.1.20 Yoshiaki Okayasu Quartet@ SoulTrane

a0107397_641343.jpg
今年最初の岡安ライヴは悪友カルテットから。昨年は、この4人で念願の2枚組ライヴ盤を発表した。最初の3曲はピアノ・トリオから。ベイシー楽団でお馴染みの名曲「Lil’ Darlin’」は新ネタだ。4曲目からこのバンドのスター、安保徹が加わり、ロリンズのブルースへ。その後はエリントンのナンバーが続いて、最初のセットを終了。後半のセットは、伝統的なスロー・ブルース「C.C.Rider」から。その後は循環、エリントンと続き、アンコールはバレルとケリーの名演でお馴染みのブルースで軽快に締めくくった。
1st set:
1.I'll Close My Eyes
2.Seven Come Eleven
3.Lil' Darlin'
4.Sonnymoon for Two
5.In a Sentimental Mood
6.In a Mellow Tone-Take the A Train(theme)-
a0107397_6393011.jpg

2nd set:
7.C. C. Rider
8.Scrapple from the Apple
9.Get Happy
10.Mood Indigo
11.Anthropology
12.Things Ain't What They Used to Be
Encore:
13.Kelly Roll
[PR]
by makotogotoh | 2017-01-21 04:11 | 岡安芳明

2016.12.16 岡安芳明&中牟礼貞則『ギタリスト』発売記念ライヴ@ Soul Trane

a0107397_7481932.jpg
a0107397_7571334.jpg

今年7月に録音した新作『ギタリスト』の発売記念ライヴの2日目。到着直後、マスターの池田次郎さんからベテラン・ドラマーの小原哲次郎がパーキンソン病のため亡くなったことを知らされる。この日が告別式。10月まで、元気にドラムを叩いていた。国分寺南口にあったアレキサンダーで、当時19歳の岡安が聴いた中牟礼トリオ。その時のドラマーは小原であった。小原の告別式の日に、中牟礼との新作発売記念ライヴ。不思議な縁を感じてしまう。普段と変わらぬスーツ姿の岡安も、ネクタイは黒色。岡安も参列、涙したという。
客席には佐津間純、釘宮正豪も駆けつけ、3世代のギタリストたちが集結。新作ではデュオは3曲のみだったが、ライヴでは最初から共演。ホスト役の岡安が曲目を決め、中牟礼がそれに乗る構成。岡安との共演だと安心なのか、終始ご機嫌。「気分の赴くまま弾くだけ」という中牟礼に、絶妙のサポートで応える岡安。ユニークなフレーズに影響されながらも切り返し、テーマに持っていく力量、構成はじつに見事だ。
後半のセットは各人のソロでスタート。ステージ終盤、岡安が小原の訃報を伝えると、池田さんを加えて、1曲やりたいという。魂のこもったドラム・ソロに、会場も盛り上がり、最後はエリントンの曲でしんみりと。アンコールはGのブルースで無事終了。
a0107397_7521147.jpg
1st set:
1.Blue Monk
2.Alone Together
3.Body and Soul
4.It Could Happen to You
5.Black Orpheus
a0107397_7522843.jpg
2nd set:
6.My Funny Valentine(Nakamure Solo)
7.Darn That Dream(Nakamure Solo)
8.Days of Wine and Roses-But Beautiful(Okayasu Solo)
9.Old Folks-The Christmas Song(Okayasu Solo)
10.White Christmas(Nakamure Solo)
11.Autumn Leaves
12.Satin Doll with 池田次郎(ds)
13.In a Sentimental Mood
a0107397_752224.jpg
Encore:
14.Things Ain't What They Used to Be
a0107397_7524027.jpg
a0107397_8185.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2016-12-17 04:11 | 岡安芳明

Guitarist/Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure

a0107397_7202370.jpg

2人のデュオは3曲のみ。内訳は以下の通り。
1,4,5,8,10:Yoshiaki Okayasu solo
2,6,11:Sadanori Namakure solo
3,7,9:Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure Duo
11曲目のみアンプは通さず、ES-175の生音を拾っている。7,8,9はクリスマス・ソング。
[PR]
by makotogotoh | 2016-12-06 04:11 | 岡安芳明