カテゴリ:岡安芳明( 79 )

2017.3.19 G'Club Presents 勉強会 第10回

a0107397_846203.jpg
a0107397_8544658.jpg
御茶の水クロサワ楽器で「ケニー・バレルの全貌ばれる!?」と題した勉強会。講師は岡安芳明。参加者の9割以上が男性、老人&中年、若手のギタリスト&ファンが多数集結。弟分の田辺充邦も横浜から駆けつけ、終わったら横浜に戻るという。クロサワ楽器がギブソン社に依頼、1本モノで制作してもらった高級ギター(Super 400、L-5モデルの改良版など)を次々と試奏。どれを弾いても岡安の音がする。
a0107397_8553268.jpg
この日、岡安が指摘したバレルの演奏に関するいくつかの特徴は以下の通り。
・ホーン奏者の息継ぎを思わせる「飲み」のあるフレーズ。ベタベタとメカニカルに弾かない。
・2声のディミニッシュ・スケールをソロで使う。これは他のギタリストがやらないバレルのみの特徴。
・開放弦の使い方がうまい。
・テンション・ノートをコードの上ではなく、ルートの下に置くことで、暖かい音がする。
・クラシック・ギターも勉強しているので、そのアプローチも自己の演奏に取り入れている。
・レパートリーにエリントン・ナンバーが多い。バレルは熱心なエリントン信者。エリントンの音楽を自分のギターで表現している。
ジャズ・ギターがうまくなるには
・目ではなく、耳から入る。
・譜面を見ながら弾かない。音楽を目で追わない。
・スケール練習は意味があるか?本番ではスケール練習はやらない。
・メトロノームを使っての練習に意味があるか? 本番でメトロノームに合わせて演奏はしない。
・MMOに合わせて演奏しない。
・好きなレコードをたくさん聴いて、耳でコピーし、使えるフレーズを増やす。
・好きなレコードに合わせて、バッキングの練習をする。上手いギタリストで、バッキングが下手な人はいない。
・「自分は耳は悪いのでジャズ・ギター辞めます」という人がいる。だが最初から耳の良い人はいない。
・ジャズ・ギターの魅力は、コードに乗せてメロディが弾けること。
a0107397_8564780.jpg
この日、岡安が演奏した曲は以下の通り。ラスト1曲ではお笑い担当のバーニー田辺も加わりデュオで。
1.My One and Only Love
2.Listen to the Dawn
3.The Days of Wine and Roses
4.But Beautiful
5.Charlie Chrisitian風のBlues
6.A Child Is Born
7.God Bless the Child
8.Take the A Train(with 田辺充邦)
a0107397_8574886.jpg
a0107397_8583322.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-20 04:11 | 岡安芳明

2017.2.23 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_6285122.jpg
今月から始まるというプライム・フライデイの前日の木曜日。今月2回目の岡安ライヴはベース抜きの変則トリオ。リズムの要がいなくてもレギュラー・バンドならではの一体感は健在。カウンターには佐津間純の姿も。この日はギターのソロでスタート、始まったのはなんとバラードの「Flamingo」。Burrellも名演を残しているこの曲に、岡安は新しい生命を吹き込む。続いてピアノとのデュオで「Dear Old Stockholm」。ここから一気に加速、躍動感溢れる快演。続いてテナーも加わり「Yardbird Suite」と続く。後半のセットはデュオでスタート。テナー&ギター、ピアノ&ギターで各2曲。その後はトリオに戻って無事終了。アンコールでゲストのアルト奏者、イワタ君も加わって無事終了。
a0107397_627436.jpg
1st set:
1.Flamingo(g solo)
2.Dear Old Stockholm(p+g duo)
3.Yardbird Suite
4.The Things We Did Last Summer
5.Blue 'n' Boogie
6.Ornithology
a0107397_6275689.jpg
2nd set:
7.All the Things You Are(ts+g duo)
8.In a Mellow Tone(ts+g duo)
9.Cool Blues(p+g duo)
10.Cherokee(p+g duo)
11.It Could Happen to You
12.Confirmation-Thing Ain't What They Used to Be(theme)
a0107397_6282138.jpg
Encore
13.SteepleChase
a0107397_6282545.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-02-24 06:26 | 岡安芳明

2017.2.3 Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure +1@ SoulTrane

a0107397_6541231.jpg
a0107397_649795.jpg
今月の岡安ライヴは2回、1回目は中牟礼貞則との共演。昨年12月にデュオのアルバムを出したが、今回はゲストで佐々木悌二が加わる。いつものブルースからスタートしたものの、普段より斬新な中牟礼のアプローチに共演の2人が驚愕。どうもチューニングが狂っていたようで、中牟礼も大変だったようだ。その後はスムーズに演奏は進み、最初のセットを無事終了。後半セットはブルース、バラード、循環、エリントン・ナンバーで構成。アンコールは中牟礼の提案で「Black Orpheus」。ゆったりとしたボサ、SoulTraneの開店16周年の記念すべき一夜を締めくくった。
a0107397_6481387.jpg

1st set:
1.Blue Monk
2.Alone Together
3.Body and Soul
4.All the Things You Are
5.In a Mellow Tone
6.C Jam Blues
a0107397_647422.jpg

2nd set:
7.It Could Happen to You
8.Back at the Chicken Shack
9.In a Sentimental Mood
10.Steeplechase
11.Take the a Train
Encore:
12.Black Orpheus
a0107397_6455487.jpg

a0107397_651277.jpg
a0107397_652584.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-02-04 04:11 | 岡安芳明

2017.1.20 Yoshiaki Okayasu Quartet@ SoulTrane

a0107397_641343.jpg
今年最初の岡安ライヴは悪友カルテットから。昨年は、この4人で念願の2枚組ライヴ盤を発表した。最初の3曲はピアノ・トリオから。ベイシー楽団でお馴染みの名曲「Lil’ Darlin’」は新ネタだ。4曲目からこのバンドのスター、安保徹が加わり、ロリンズのブルースへ。その後はエリントンのナンバーが続いて、最初のセットを終了。後半のセットは、伝統的なスロー・ブルース「C.C.Rider」から。その後は循環、エリントンと続き、アンコールはバレルとケリーの名演でお馴染みのブルースで軽快に締めくくった。
1st set:
1.I'll Close My Eyes
2.Seven Come Eleven
3.Lil' Darlin'
4.Sonnymoon for Two
5.In a Sentimental Mood
6.In a Mellow Tone-Take the A Train(theme)-
a0107397_6393011.jpg

2nd set:
7.C. C. Rider
8.Scrapple from the Apple
9.Get Happy
10.Mood Indigo
11.Anthropology
12.Things Ain't What They Used to Be
Encore:
13.Kelly Roll
[PR]
by makotogotoh | 2017-01-21 04:11 | 岡安芳明

2016.12.16 岡安芳明&中牟礼貞則『ギタリスト』発売記念ライヴ@ Soul Trane

a0107397_7481932.jpg
a0107397_7571334.jpg

今年7月に録音した新作『ギタリスト』の発売記念ライヴの2日目。到着直後、マスターの池田次郎さんからベテラン・ドラマーの小原哲次郎がパーキンソン病のため亡くなったことを知らされる。この日が告別式。10月まで、元気にドラムを叩いていた。国分寺南口にあったアレキサンダーで、当時19歳の岡安が聴いた中牟礼トリオ。その時のドラマーは小原であった。小原の告別式の日に、中牟礼との新作発売記念ライヴ。不思議な縁を感じてしまう。普段と変わらぬスーツ姿の岡安も、ネクタイは黒色。岡安も参列、涙したという。
客席には佐津間純、釘宮正豪も駆けつけ、3世代のギタリストたちが集結。新作ではデュオは3曲のみだったが、ライヴでは最初から共演。ホスト役の岡安が曲目を決め、中牟礼がそれに乗る構成。岡安との共演だと安心なのか、終始ご機嫌。「気分の赴くまま弾くだけ」という中牟礼に、絶妙のサポートで応える岡安。ユニークなフレーズに影響されながらも切り返し、テーマに持っていく力量、構成はじつに見事だ。
後半のセットは各人のソロでスタート。ステージ終盤、岡安が小原の訃報を伝えると、池田さんを加えて、1曲やりたいという。魂のこもったドラム・ソロに、会場も盛り上がり、最後はエリントンの曲でしんみりと。アンコールはGのブルースで無事終了。
a0107397_7521147.jpg
1st set:
1.Blue Monk
2.Alone Together
3.Body and Soul
4.It Could Happen to You
5.Black Orpheus
a0107397_7522843.jpg
2nd set:
6.My Funny Valentine(Nakamure Solo)
7.Darn That Dream(Nakamure Solo)
8.Days of Wine and Roses-But Beautiful(Okayasu Solo)
9.Old Folks-The Christmas Song(Okayasu Solo)
10.White Christmas(Nakamure Solo)
11.Autumn Leaves
12.Satin Doll with 池田次郎(ds)
13.In a Sentimental Mood
a0107397_752224.jpg
Encore:
14.Things Ain't What They Used to Be
a0107397_7524027.jpg
a0107397_8185.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2016-12-17 04:11 | 岡安芳明

Guitarist/Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure

a0107397_7202370.jpg

2人のデュオは3曲のみ。内訳は以下の通り。
1,4,5,8,10:Yoshiaki Okayasu solo
2,6,11:Sadanori Namakure solo
3,7,9:Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure Duo
11曲目のみアンプは通さず、ES-175の生音を拾っている。7,8,9はクリスマス・ソング。
[PR]
by makotogotoh | 2016-12-06 04:11 | 岡安芳明

2016.11.24 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_20514643.jpg
先月とは打って変わって、真冬のような一日だ。11月として54年ぶりの積雪を記録した東京。今月の岡安ライヴは悪友トリオである。カウンターには浅葉裕文君。髪の毛を伸ばしている。このところ気温・湿度の変化が激しく、ピアノをチェックした吉田は、調律の狂いに愕然る。足元が悪く、気温も低いにもかかわらず常連客が集結。1曲目から、どう弾いたらよいのか悩む吉田。ファースト・セットはモンクの曲を中心に演奏、ラストは「I'll Close My Eyes」で鮮やかに締めくくる。セカンド・セットは、各人のソロでスタート。まずは吉田がスタンダードと敬愛するフレディ・レッドの曲を。続く佐々木は、先頃亡くなった友人が好きだったスタンダードを2曲。岡安はおなじみスタンダード2曲とブルースを演奏。その後はトトリオに戻って、チャーリー・クリスチャン関係の2曲。極寒、気候不順、ピアノも不調という悪条件下でも、力を振り絞って、最後はブルースで盛り上がりをみせ、なんとか終了。
a0107397_20525979.jpg
1st Set:
1.Blue Monk
2.In Walked Bud
3.Polka Dots and Moonbeams
4.Rhythm-A-Ning
5.Five Spot After Dark
6.I'll Close My Eyes
a0107397_20521180.jpg

2nd Set:
7.The Nearness of You(p solo)
8.Reminiscing(Freddie Redd)p solo
9.Mona Lisa-Fly Me to the Moon(b solo)
10.Make Someone Happy-Autumn in New York-The Other Part of Town(g solo)
11.Stomping at the Savoy
12.Airmail Special
13.Chitlins Con Carne-Take the A Train(Theme)
a0107397_20532489.jpg
a0107397_2101391.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2016-11-25 04:11 | 岡安芳明

2016.10.27 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_6301947.jpg
秋らしい一日である。今月の岡安ライヴは『Beautiful Friendship』のトリオ。香川裕史(b)と共演するのは2015年5月以来、1年半ぶり。店ではすでに日本シリーズの第5戦を放映中。発表会が終わったばかりということもあって、ギターの生徒も多数集結、会場は超満員状態。久しぶりの香川との共演を「朝から楽しみにしていた」という岡安。その香川は最初、緊張していたが、高橋幹夫(ds)も絶好調で、1曲目からレギュラー・トリオらしいまとまりのある演奏が披露される。休憩中に放映中だった日本シリーズが9回裏2死満塁の劇的ホームランで終了。
後半のセットは、ヤイリのフォーク・ギターで2曲を披露、まもなく掛け声達人のお姉さんも駆けつけて、「ヒロシ」「まだまだ」などのコールで大ハッスル。悶絶寸前の表情でベース・ソロを熱演。3曲目のブルースから次第に盛り上がり、最後はエリントン・ナンバーのオン・パレードで無事終了。
a0107397_6302971.jpg

1st set:
1.I'll Close My Eyes
2.In a Mellow Tone
3.Sultry Serenade
4.My One and Only Love
5.Soft Winds
6.Cotton Tail-Take the A train(Theme)
a0107397_6302498.jpg

a0107397_6303260.jpg
2nd set:
7.Mood Indigo
8.Days of Wine and Roses
9.Tenor Madness
10.Body and Soul
11.When Lights Are Low
12.Love You Madly-Take the A Train(Theme)
Encore:
13.Things Ain't What They Used to Be
a0107397_6302179.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2016-10-28 04:11 | 岡安芳明

2016.09.20 Yoshiaki Okayasu & Hiroyuki Kitagawa Duo

a0107397_1720889.jpg
今月の岡安ライヴは2日。その初日は岐阜の重鎮、北川弘幸(b)とのデュオである。北川は2014年11月に岡安とデュオのアルバムを発表したが、その時はレコ発ライヴをしなかった。2年経ってようやく実現したレコ発ライヴではなく、以前、椎名豊プロデュースで参加した山田ゆき(vo)の仕事がメインだという。最初のセットはブルースでスタート。ギター、ベースが各3コーラス、再びギター2コーラスという安定した構成。2曲目の「酒バラ」は、バラードから、途中でリズムはボサへ。北川はこのボサ・ノヴァが好きらしく、時折唸りながら熱のこもったソロを聴かせる。ソロの最後には、音量をあげて合図を送るのでわかりやす。同じボサの「黒いオルフェ」では、テーマをまずアルコで弾き、続いてピチカットという構成。後半のセットは、ちょうど遊びに来ていた岡安の愛弟子、佐津間純(g)も加わって、2ギター&ベースという編成。師匠も弟子も、揃って1968年製のスーパー400を弾く。テーマを弾く岡安のバックで、オブリガードを入れる佐津間の繊細なプレイ。テレパシーで通じ合った2人のプレイに聴き惚れる。ロリンズの「オレオ」は3人揃ってテーマを。そして、得意のブルースと続く。
a0107397_17305235.jpg
ここで、九州出身で6月に上京した歌手の吹上綾も加わり、エロール・ガーナーの「ミスティ」を歌う。その後北川を大きくフィーチャーした「アローン・トゥギャザー」、そして圧巻は「4月の想い出」。ここで岡安のギターが見事に炸裂。アンコールに入る間もなく、そのまま「サルトリー・セレナーデ」と進んで無事終了。
a0107397_17201783.jpg
1st set:
1.C Jam Blues
2.The Days of Wine and Roses
3.Take the A Train
4.It Could Happen to You
5.Shiny Stockings
6.Black Orpheus
7.Straight No Chaser-Theme-
a0107397_17201579.jpg

2nd set:
8.I'll Close My Eyes(with 佐津間純)
9.Oleo(with 佐津間純)
10.Back at the Chicken Shack(with 佐津間純)
11.The Night Has a 1000 Eyes(with 佐津間純)
12.Misty (with 吹上綾、佐津間純)
13.Alone Together(with 佐津間純)
14.I'll Remember April(with 佐津間純)
15.Sultry Serenade(with 佐津間純)
[PR]
by makotogotoh | 2016-09-21 04:11 | 岡安芳明

2016.08.26 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_629755.jpg
今月2回目の岡安ライヴは、ベースが抜けたトリオ。編成は変則だが、バンドスタンドは普段よりもなぜかすっきりしている。カルテットだと、ピアノの横にサックスが立つので、かなり圧迫感があるが、この配置だとゆったり感じる。
3日前に53歳になった吉田桂一の誕生日を祝福するのかと思いきや、誕生日ムードはなく、ギターとピアノのデュオでスタート。1曲目からアップテンポで全開。続く2曲目のバラードが実に美しい。3曲目もアップテンポ、今度はピアノにテーマを任せ、ピアノ、ギター、バースチェンジと鮮やかに進行。
a0107397_6292438.jpg
4曲目からボス・テナーを加えたトリオで、テナーがソロで先発。後半は「Wahoo」(Tadd Dameron)のリフで盛り上がる。5曲目はバラード。これも美しい。ギターがイントロ、テナーがテーマを取り、テナー、ギター、ピアノの順でソロ。サビからテーマに戻る。6曲目はアップ・テンポで締めくくる。
a0107397_6303022.jpg
2回目のセットはソロからスタート。まずは岡安が3曲。1曲目のバラードが美しい。続いて安保が2曲、吉田が2曲という構成。ソニー・クラークの「My Conception」が美しい。なぜかこの日はすべてのバラードが美しい。この後、3人の合奏で3曲立て続けて演奏、アンコールはエリントン・ナンバーで。ベース抜きの変則トリオとは思えない一体感と自然な流れで無事終了。
a0107397_6385979.jpg
1st set:
1.Love Walked In
2.I'll Close My Eyes
3.Yardbird Suite
4.Perdido
5.Willow Weep for Me
6.'S Wonderful
a0107397_6331589.jpg
2nd set:
7.The Masquerade Is Over(g solo)
8.It Could Happen to You(g solo)
9.Autumn Leaves(g solo)
10.Oleo(ts solo)
11.These Foolish Things(ts solo)
12.My Conception(p solo)
13.You Took Advantage of Me(p solo)
14.Ornithology
15.All the Things You Are
16.Jumpin' with the Symphony Sid
17.Things Ain't What They Used to Be-Theme-
Encore
18.Satin Doll
a0107397_63134.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2016-08-27 04:11 | 岡安芳明