<   2017年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2017.3.27 Mike Reznikoff Group @ Aketa's Mise

a0107397_533087.jpg
1947年2月生まれだから、今年で70歳になったマイクさん。今も月1回のペースで西荻「アケタの店」に自己のグループで出演中だ。この日のグループは、実力者で固めた豪華カルテットで、すでに約1年ほど活動している。
 マイクさんは、他の人が取り上げなさそうな、埋もれた名曲を取り上げる。曲ごとにソロ・オーダーも工夫し、メンバーに光を当てることも忘れない。この日は〈Star Eyes〉のイントロ(ラテン)を使った〈Flamingo〉でスタート。Mingusのブルース〈Nostalgia in Times Square〉では自らもソロを取る。Alec Wilderの〈Moon & Sand〉はボサ・リズムで、ピアノの関根をフィーチャー。ベテランらしい味わいのあるピアノだ。マイクさん13歳の時に聴いたというHorace Silverの〈The St.Vitus Dance〉は、ピアノ・トリオではなくカルテットで。ここでアルトの大山がフィル・ウッズやキャノンボールを思わせる熱いブローを披露する。外は寒いが、彼らの演奏は熱い。Sonny Stittの〈The Eternal Triangle〉はドラムスとのバース・チェンジで盛り上げて、少しQ.K.(休憩をマイクさんはこう記す)。
 短いQ.K.時間の後、2回目のセットへ。今度はフレディ・ハバードのオリジナルでスタート。タイトル通りヒヤヒヤする演奏。続くエリントン・ナンバーでは、ベースの吉野をフィーチャー。吉野弘志は日本ジャズ界でも屈指の名手だと思うが、彼のアルコが奏でるテーマ&ソロは暖かい音色で、心に染み入るい。それに続くアルトが、これまた往年のジョニー・ホッジスを思わせるメロウな音色とフレーズで、エリントンの世界へと誘う。この曲、この演奏が聴けただけでも、大きな価値があった。
 続いて誰も取り上げないという曲で、J.J.JohnsonがHorace Silverに書いた循環ものへ。最後はLee Morganの演奏でも知られる〈月の砂漠〉で無事終了。マイクさんの音楽と笑顔は、聴くものを温めてくれる。この知られざる好ユニット、来月は4月17日(月)に出演する予定。お見逃しなく。
a0107397_5333229.jpg
大山日出男(as)関根敏行(p)吉野弘志(b)マイク・レズニコフ(ds)
1st set:
1.Flamingo(Ted Grouya-Edmund Anderson)
2.Nostalsia in Times Square(Mingus)
3.Moon and Sand(Alec Wilder)
4.The St.Vitus Dance(Horace Silver)
5.The Eternal Triangle(Sonny Stitt)
a0107397_5343666.jpg

a0107397_5345699.jpg
2nd set:
6.Crisis(Freddie Hubbard)
7.I Got It Bad(and that ain't Good)
8.In Walked Horace(J.J.Johnson)
9.Desert Moonlight(月の砂漠)(佐々木すぐる)
a0107397_5353036.jpg
a0107397_5354810.jpg
a0107397_5355394.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-28 04:11

2003.3.30 Hisayuki Terai @ OverSeas

a0107397_6201348.jpg
a0107397_6192974.jpg

a0107397_6193119.jpg

a0107397_6193314.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-27 04:11 | ジャズ講座

2017.3.25 the 30th Tribute to Tommy Flanagan 第30回トミー・フラナガン追悼コンサート@OverSeas

a0107397_2329886.jpg
16年前の2001年11月16日に他界した師匠トミー・フラナガンを偲んで、毎年3月と11月に追悼コンサートを開催してきた寺井尚之。その通算30回目。会場ははるばる遠方から駆けつけたファンを含めて超満員。高血圧症(p)、リューマチ(b)、痛風(ds)とメンバーそれぞれが持病をかかえながらも、メインステム・トリオは、デトロイト・ハード・バップのロマン派を受け継ぐ最後のひとりとして、世界中どこを探してももはや聴けなくなって久しい師匠フラナガンゆかりのレパートリーをたっぷりと聴かせた。
次回(第31回)のトリビュート・コンサートは2017年11月18日に行われる。
a0107397_23222842.jpg
寺井尚之(p)宮本在浩(b)菅一平(ds)
a0107397_23232926.jpg
a0107397_23225946.jpg
a0107397_23231030.jpg
1st set:
1.Let's
2.Beyond the BlueBird
3.Rachel's Rondo
4.Embraceable You-Quasimodo
5.Sunset and the Mockingbird
6.Eclypso
7.Dalarna
8.Tin Tin Deo
a0107397_23231760.jpg
2nd set:
9.That Tired Routine Called Love
10.They Say It's Spring
11.A Sleepin' Bee
12.Minor Mishap
13.Passion Flower
14.Mean Streets
15.Easy Living
16.Our Delight
Encore:
17.With Malice toward None
18.Like Old Times
a0107397_23232116.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-26 04:11 | Tommy Flanagan

2003.3.29 Ryo Fukui Trio@ Slowboat

福居良(p)田中久雄(b)舘山健二(ds)豊田健(b)
a0107397_4533556.jpg
a0107397_4532624.jpg

a0107397_4533811.jpg
a0107397_4534061.jpg
a0107397_4534351.jpg
a0107397_4534691.jpg
a0107397_4564354.jpg

a0107397_4564124.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-24 04:11 | 福居良

2017.3.19 G'Club Presents 勉強会 第10回

a0107397_846203.jpg
a0107397_8544658.jpg
御茶の水クロサワ楽器で「ケニー・バレルの全貌ばれる!?」と題した勉強会。講師は岡安芳明。参加者の9割以上が男性、老人&中年、若手のギタリスト&ファンが多数集結。弟分の田辺充邦も横浜から駆けつけ、終わったら横浜に戻るという。クロサワ楽器がギブソン社に依頼、1本モノで制作してもらった高級ギター(Super 400、L-5モデルの改良版など)を次々と試奏。どれを弾いても岡安の音がする。
a0107397_8553268.jpg
この日、岡安が指摘したバレルの演奏に関するいくつかの特徴は以下の通り。
・ホーン奏者の息継ぎを思わせる「飲み」のあるフレーズ。ベタベタとメカニカルに弾かない。
・2声のディミニッシュ・スケールをソロで使う。これは他のギタリストがやらないバレルのみの特徴。
・開放弦の使い方がうまい。
・テンション・ノートをコードの上ではなく、ルートの下に置くことで、暖かい音がする。
・クラシック・ギターも勉強しているので、そのアプローチも自己の演奏に取り入れている。
・レパートリーにエリントン・ナンバーが多い。バレルは熱心なエリントン信者。エリントンの音楽を自分のギターで表現している。
ジャズ・ギターがうまくなるには
・目ではなく、耳から入る。
・譜面を見ながら弾かない。音楽を目で追わない。
・スケール練習は意味があるか?本番ではスケール練習はやらない。
・メトロノームを使っての練習に意味があるか? 本番でメトロノームに合わせて演奏はしない。
・MMOに合わせて演奏しない。
・好きなレコードをたくさん聴いて、耳でコピーし、使えるフレーズを増やす。
・好きなレコードに合わせて、バッキングの練習をする。上手いギタリストで、バッキングが下手な人はいない。
・「自分は耳は悪いのでジャズ・ギター辞めます」という人がいる。だが最初から耳の良い人はいない。
・ジャズ・ギターの魅力は、コードに乗せてメロディが弾けること。
a0107397_8564780.jpg
この日、岡安が演奏した曲は以下の通り。ラスト1曲ではお笑い担当のバーニー田辺も加わりデュオで。
1.My One and Only Love
2.Listen to the Dawn
3.The Days of Wine and Roses
4.But Beautiful
5.Charlie Chrisitian風のBlues
6.A Child Is Born
7.God Bless the Child
8.Take the A Train(with 田辺充邦)
a0107397_8574886.jpg
a0107397_8583322.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-20 04:11 | 岡安芳明

2017.3.18 “Tama Sings…"@ Slow Boat

a0107397_7515750.jpg
玉川健一郎(vo) 山田敏昭(p) 辻充浩(b) 宇野修(ds)
1.Embraceable You(trio)
2.The End of a Love Affair(trio)
3.They Can't Take That Away from Me(trio)
a0107397_82831.jpg
4.Night and Day
5.The Best Is Yet to Come
6.Moonlight in Vermont
7.Agua De Beber
8.No More Blues
9.September in the Rain
10.I Get Along without You Very Well
11.Poor Butterfly
12.Everytime We Say Goodbye
a0107397_7515283.jpg
a0107397_7594056.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-19 04:11 | 福居良

2017.3.17 Women's Piano Night @ Slowboat

a0107397_1021465.jpg
女性ピアニスト3人が各セット3曲ずつ演奏するという新企画シリーズの第1弾。
1st set:
1.Minority 鹿川暁弓(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
2.You Can't Get Away(Wynton Kelly) 鹿川暁弓(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
3.Chico the Man 鹿川暁弓(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
4.Ah Leu Cha 富樫範子(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
5.If You Could See Me Now 富樫範子(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
6.All God's Chillum Got Rhythm富樫範子(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
7.It Could Happen to You 中島弘恵(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
8.To Wisdom, the Prize(Larry Willis) 中島弘恵(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
9.Star Eyes 中島弘恵(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
a0107397_1023235.jpg
2nd set:
10.Blues-ette 富樫範子(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
11.Like Somene in Love 富樫範子(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
12.Bean & the Boys 富樫範子(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
13.Two for the Road 中島弘恵(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
14.My Funny Valentine 中島弘恵(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
15.I Mean You 中島弘恵(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
16.Blue Pearl 鹿川暁弓(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
17.When I Fall in Love 鹿川暁弓(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
18.Moose the Mooche 鹿川暁弓(p)辻充浩(b)伊藤宏樹(ds)
a0107397_1025265.jpg
a0107397_103756.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-03-18 04:11 | 福居良

The Walker's Vol.48

a0107397_52090.jpg

2017年3月11日、【Vol.19】から有料化された『The Walker's』の Vol.48が発行された。表紙はJahmal Nichols、巻頭インタビューは川島ケイジ。ジャズ・スーパー列伝はトミー・フラナガン。ディスクレビューは桑原あい、井上陽介、大林武司、矢野顕子×上原ひろみ、金澤英明&栗林すみれ、岡安芳明&中牟礼貞則、上村信など国内新譜・再発・輸入盤も含まれる。インタビューはマイルス・モーズリー。ジャズ・ベースマン列伝はアハメド・アブドゥル・マリク。注目の若手としてダニエル・フーズ、野水朱莉の紹介記事も掲載。今後もジャズの魂を揺さぶるマガジンとしての存続を期待したい。
[PR]
by makotogotoh | 2017-03-16 04:11 | The Walker's

訃報 Tommy LiPuma

a0107397_557441.jpg
レコード・プロデューサーのトミー・リピューマが2017年3月13日ニューヨークにて死去した。80歳。1936年7月7日クリーヴランド州オハイオ生まれ。
[PR]
by makotogotoh | 2017-03-15 04:11 | 訃報

訃報 Lyle Ritz

a0107397_5552764.jpg
ジャズでは珍しいウクレレ奏者のライル・リッツが2017年3月3日、オレゴン州ポートランドで死去した。87歳。1930年1月10日クリーヴランド生まれ。
[PR]
by makotogotoh | 2017-03-14 04:11 | 訃報