<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2017.6.7発売 Satsuki Kusui & Vladimir Shafranov

このスウィング感を聴いてくれ!北欧ジャズ随一のピアニスト、シャフラノフが日本で選んだベースこそ楠井五月だった!
a0107397_6164421.jpg
「7、8 年前、シャフラノフが日本に来た時に共演してからですね。それ以来気に入ってくれてよく演奏するようになったんです」
こう語る楠井五月の演奏スタイルを、シャフラノフが気に入っていることは、このアルバムの演奏が物語っている。小気味よくスウィングし、ドライヴする演奏はまさに極上のビバップ!録音したのは二人とも一番気に入っている雰囲気で音場のいい東京・南青山にあるジャズ・クラブ“Body & Soul”。お客さんがいない時間に、リラックスした中で行われた。スタジオ録音とは一味も二味も違うゆったりとした気分だったのが良かったのか、緊密かつ暖かなコラボレーションが、耳の肥えたジャズ・リスナーをも十分納得させる録音となった。現在、スウェーデンとフィンランドの中間に位置するオーランド諸島のマリエハムに居を構えているウラジミール・シャフラノフは、特に日本のジャズファンに好まれているピアニストだが、澤野工房、ヴィーナス・レコードと何枚もヒット・アルバムを残している。この作品は、楠井五月という類まれな才能を、シャフラノフが世に知らしめたアルバムだといえる。
【収録曲】
1. All the Things You Are (Jerome Kern) 5:59
オール・ザ・シングス・ユー・アー
2. The Star-Crossed Lovers (Billy Strayhorn/Duke Ellington) 5:17
ザ・スター・クロスト・ラヴァーズ
3. One for Amos (Sam Jones) 4:51
ワン・フォー・エイモス
4. Our Love is Here to Stay (George Gershwin) 7:15
アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
5. Django (John Lewis) 7:23
ジャンゴ
6. Afternoon in Paris (John Lewis) 3:40
アフタヌーン・イン・パリ
7. I Get a Kick Out of You (Cole Porter) 4:39
アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー
8. Three in One (Thad Jones) 4:03
スリー・イン・ワン
9. Frankie and Johnny (Traditional) 5:29
フランキー・アンド・ジョニー
10. Oblivion (Bud Powell) 2:31
オブリヴィオン
11. Close Enough for Love (Johnny Mandel/Paul Williams) 5:51
クローズ・イナフ・フォー・ラヴ
Total time : 57:05
【Member】
楠井五月 (Bass) Satsuki Kusui
ウラジミール・シャフラノフ (Piano) Vladimir Shafranov
【Staff Credit】
Produced by Satsuki Kusui 楠井五月
Recorded by Ayataka Nishio 西尾文孝
Recorded on October 5, 2016 2016 年10 月5 日
Recorded at BODY&SOUL, Minami Aoyama, Tokyo 南青山BODY&SOUL
Mastered by Akihito Yoshikawa 吉川昭仁
Designed by Masashi Iida 飯田 将

Label:Roving Spirits
CD 品番: RKCJ-2065
POS:4544873 02065 0
発売日:2017.6.7
定価:2,500+税
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-28 04:11 | Vladimir Shafranov

2017.5.25 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_725440.jpg
今月の岡安ライヴはトリオだ。ドラムは宇都宮から高橋幹夫(1958~)が久しぶりの参加。ベースは昨年、海野雅威と10年ぶりのアルバムを出した吉田豊(1975~)である。このトリオは初顔合わせではないが、10年ぶりのリユニオンである。
a0107397_7322348.jpg

はじめて吉田のベースを聴いたのは2005年11月、福居良のトリオだったが、最近は海野との顔合わせで接する機会が多い。吉田とこの店(ソウルトレーン)の関係は古く、かつてはジャム・セッションのリーダーをつとめていた。海野とのデュオだと、先輩として、元・小学校教諭らしいMCできっちり仕切る吉田も、この日の共演者は大先輩2人。久しぶりのオファーで嬉しさ半分、緊張半分といったところだ。
吉田の師匠は金澤英明であり、スタイルには60年代のロン・カーターやリチャード・デイヴィスの影響がみえる。最初のセットは短めに終え、その分後半のセットは長めに。アンコールでは吹上綾も加わり、1曲を披露た。心優しい先輩2人と久しぶりの共演ということで、笑顔と充実感で満ちたベーシストの笑顔が印象に残った。
a0107397_7271154.jpg

岡安芳明(g)吉田豊(b)高橋幹夫(ds)
1st set:
1.Secret Love
2.Sultry Serenade
3.Here's That Rainy Day
4.Love for Sale
5.Just Squeeze Me
a0107397_7225778.jpg

2nd set:
6.I'll Close My Eyes
7.Blue Bossa
8.Like Someone in Love
9.Someday My Prince Will Come
10.Blues in F
11.In a Mellow Tone
a0107397_7231667.jpg
Encore:
12.Misty with 吹上綾(vo)
13.Bye Bye Blackbird
a0107397_7231178.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-05-27 04:11 | 岡安芳明

山田敏昭の経歴

a0107397_7483079.jpg
1958年室蘭市生まれ、18歳から札幌で演奏活動を始める。活動は幅広く、ジャズクラブ、ライブハウス、ジャズ・フェスティバル、ヴォーカリストの伴奏など、多くのミュージシャンに信頼されている。また国内外のアーティストとの共演ライブも多数行う。
1996年:アイラ・コールマン(b)、マーク・ジョンソン(ds)とともにニューヨーク・トリオとして共演。
1999年:京都の舞鶴赤れんがジャズフェスティバルで、「レフト・アローン」の名演で知られるジャッキー・マクリーンのクインテットに参加。
2007年:初リーダー作『Romping Girl』をリリース。「SWING JOUNAL」にて新譜紹介される。
現在は札幌を拠点に、自己のトリオでライブハウス出演など精力的に活躍している。
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-26 04:11 | 山田敏昭

訃報 Mickey Roker

a0107397_7152297.jpg
ディジー・ガレスピー、ベニー・カーター、デューク・ピアソン、ジジ・グライス、ミルト・ジャクソンとの共演などで知られるドラマーのミッキー・ローカーが2017年5月22日フィラデルフィアで死去した。肺がんと糖尿病を患い、闘病中だった。84歳。 1932年9月3日フロリダ州マイアミ生まれ。
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-24 04:11 | 訃報

2017.06.22 A Letter from Slowboat Concertのお知らせ

a0107397_4521162.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-05-22 04:11 | 福居良

2017.5.20 Asaba Hirofumi Trio @ Tokyo TUC

a0107397_548506.jpg
岡安芳明の弟子である浅葉裕文君が、自己のトリオで敬愛するバーニー・ケッセルに捧ぐコンサートを行うというのでTokyo TUCへ。
昨年11月、宮之上貴昭プロデュースのギター・サミットにTUCに出演した浅葉君。それがきっかけとなってこの店とつながった。5月17日がケッセルの命日ということで、それに合わせてトリビュート・コンサートのアイディアをやらないか、という提案をTUCイザワさんから受けて、この日実現した。
 メンバーのうち、リーダーとドラムは、スーツでバッチリ決めてステージに登場。ドラムのたきざわ君は、浅葉曰く「ジャズ界のおしゃれリーダー」(おしゃれの)師匠だという。「ミュージシャンがステージに立つ時はちゃんと正装、おしゃれをしないとダメ」というTUC田中さんの哲学と一致する。
 規則正しい生活でスリムになった浅葉君。客席はギターの生徒、都内大学ジャズ研に所属するケッセル・ファンが最前列を占める。レパートリーはケッセルのオリジナルをはじめ、ケッセルの名演で知られるスタンダード、チャーリー・クリスチャンの演奏で知られる曲が中心。スペイン訪問時にイギリスまで足を延ばし、ケッセルの伝記の著者でもあるMaurice Summerfieldと会った時の話を披露した。後半のセットでは年配のお客さんからクリスチャンの曲をリクエストをもらい、さらにハッスル。Gのブルースで締めくくった後、アンコールはケッセルの名曲で無事終了。
a0107397_552296.jpg

浅葉裕文(g)伊地知大輔(b)たきざわあつき(ds)
1st set:
1.I Let a Song Go out of My Heart
2.Bee Deedle Dee Do(Barney Kessel)
3.It Could Happen to You
4.Caravan
5.Autumn Leaves
6.In the Wee Small Hours of the Morning
7.In a Mellow Tone
8.The Masquarade Is Over
9.Take the A Train-Easy Like(Theme)
a0107397_5504722.jpg

2nd set:
10.Medley:I'm Glad There Is you/My Old Flame/I've Grown Accustomed to Her Face(g solo)
11.Satin Doll(g-b duo)
12.Flying Home
13.Seven Come Eleven
14.The Shadow of Your Smile
15.You're the One for Me
16.One Mint Julep(Barney Kessel)
Encore:
17.Salute to Christian(Barney Kessel)
a0107397_5533012.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-05-21 04:11 | 岡安芳明

Romping Girl / 山田敏昭トリオの研究

a0107397_11191274.jpg

山田敏昭トリオの『Romping Girl』には、2種類のジャケットが存在する。ワイン色(パーマネントレッド)がオリジナルで、黄土色(パーマネントグリーンミドル)が追加プレスである。オリジナル盤の解説はフォトグラファーの荒井純一氏が、追加プレス盤の解説は泉功一郎氏がそれぞれ執筆している。どちらの解説にも詳しいバイオグラフィーは掲載されていない。
a0107397_11182825.jpg
オリジナル盤には2007年4月19日の刻印がある。追加プレス盤の裏ジャケットには「2007年9月SJ掲載」という但し書きがある。レーベルにはVoyage Project2006-10-26とあるのでこれが録音日と思われる。
ジャケットの背文字部分には「Hot Jazz to Which Sapporo gave birth Toshi Yamada Trio」とあり、Romping Girlとは記されていない。CD番号も未掲載である。
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-20 04:11 | 山田敏昭

JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第53回)

a0107397_6592216.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座、新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその53回目。この日、寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
171.Ella a Nice/Ella Fitzgerald(Pablo)からSummertime/They Can't Take That Away from Me/Aspects of Duke/Something/St.Louis Blues/Close to You/Put a Little Love in Your Heartの7曲。
172. Jazz at the Santa Monica Civic '72(Pablo)からL.O.V.E./Begin the Beguine/Indian Summer/You've Got a Friend/What's Going On/Night and Day/Spring Can Really Hang You Up tthe Most/Little White Lies/Madalena/Shiny Stockings/Cole Porter Medley/Sanford & Son Theme/I Can't Stop Loving You/C.Jam Bluesの14曲。
173.Ella Loves Cole(Atlantic)よりAll of You/C'sest Magnifiqueの2曲。
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-14 04:11 | ジャズ講座

訃報 Dave Pell

a0107397_754519.jpg
40年代後半のレス・ブラウン楽団を経て、50年代のウエスト・コースト・シーンでも活躍したサックス奏者のデイヴ・ペルが2017年5月8日死去した。92歳。1925年2月26日ブルックリン生まれ。
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-10 04:11 | 訃報

2017.5.3 Koichi Nakai Sextet @ OverSeas

a0107397_434764.jpg
大型連休の初日。関西を拠点に活躍する中井幸一(tb)が、普段から共演する機会の多いテナー・サックスの中務敦彦(from岡山)、浪速のK.B.こと末宗俊郎(g)を加えたスペシャル・セクステット。50年代を代表する2大バンド、すなわちJ.J.Johnson-Bobby Jasper-Tommy FlanaganのクインテットとCurtis Fuller-Benny Golson-Tommy Flanaganのクインテットがレコードに残した名曲・名演を、絶妙のアンサンブルと切り詰めた構成で見事に再現した。

中井幸一(tb)中務敦彦(ts)末宗俊郎(g)寺井尚之(p)宮本在浩(b)菅一平(ds)
1st set:
1.Barbados
2.Blue Haze
3.It's Only a Paper Moon
4.My Old Fame(ts out)
5.Undecided
a0107397_434867.jpg
2nd set:
6.Bird Song
7.Love Your Spell Is Everywhere
8.Dailie Double
9.Portrait Of Jennie(ts out)
10.Old Devil Moon
a0107397_434629.jpg
3rd set:
11.Five Spot After Dark
12.Turnpike
13.That Tired Routine Called Love
14.Time After Time(ts out)
15.What Is This Thing Called Love?
Encore:
16.Be My Love
[PR]
by makotogotoh | 2017-05-04 04:11