<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

訃報 Dick Noel

a0107397_08020472.jpg
レイ・アンソニー楽団との共演で知られる男性歌手のディック・ノエルが2017年10月27日、カリフォルニア州エスコンディドで死去した。90歳。
a0107397_08102093.jpg
メル・トーメがライナーを書かせてくれと懇願した『A Time For Love』(1978年)は、2007年12月に復刻されるまで長年埋もれてきた名盤であった。記事はこちら


[PR]
by makotogotoh | 2017-10-28 04:11

訃報 Andy McGhee

a0107397_07233435.jpg
ライオネル・ハンプトンやウディ・ハーマンのオーケストラで活躍、30年にわたりバークリーで教鞭をとったテナー・サックス奏者のアンディ・マギーが2017年10月12日死去した。89歳。1927年11月3日ノースカロライナ州ウィルミントン生まれ。



[PR]
by makotogotoh | 2017-10-23 04:11 | 訃報

JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第58回)

a0107397_6592216.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその58回目。この日、寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
180.The Dizzy Gillespie Big 7 at the Montreux Jazz Festival '75(Pablo)より「What's New」「Cherokee」の2曲。
181.The Montreux Collection Highlits of the Montreux Jazz Festival '75(Pablo)より「Sunday/J.A.T.P.」「The Man I Love/Ella Fitzgerald」「I'll Remember April/Dizzy Gillespie Big 7」の3曲。
183.Grey's Mood/Al Grey(Classic Jazz/Black & Blue)より「Catch Up with That」(2take)「Bedroom Eyes」「Face It, Here It Is」「Mellow for Love」「Night Train」の4曲。
184.Sugar Roy/Roy Haynes(Kitty)より「Heavy Duty」を除く6曲。

[PR]
by makotogotoh | 2017-10-15 04:11 | ジャズ講座

訃報 Grady Tate

a0107397_20333330.jpg
ドラマーで歌手としても知られるグラディ・テイトが2017年10月8日、ニューヨーク州マンハッタンのアッパーイーストサイドにある自宅にて死去した。85歳。1932年1月14日ノースカロライナ州ダーハム生まれ。
[PR]
by makotogotoh | 2017-10-12 04:11 | 訃報

If You Are Not Plucked You Die!/Johnny April(XQAM-1087)

a0107397_10283687.jpg
 男性ヴォーカルのマニアには嬉しい58年ぶりのレア盤復刻だ。ガーシュイン、ポーター、ジェローム・カーンなど作曲家の作品集は多いが、作詞家をテーマとした作品集は少ない。ぱっと思いつくところでは、ジャッキー・パリスのアイラ・ガーシュイン作品集だろう。
 またビリー・ホリデイやジェリ・サザンの歌で知られる「You Better Go Now」の作詞家は?と尋ねられて、即答できる方も少ないと思う。本作はその曲の詞を手掛けたビックス・ライクナー(1905~89)の作品集である。作曲者はアル・コーン、ジョン・ベンソン・ブルックス、エリオット・ローレンス、クレイ・ボーランド、ロバート・グラハムなど、曲によって変わる。
 本作の主人公ジョニー・エイプリル(1935~2013)だが、こちらも超無名のピアニスト&歌手。本作以外に作品を残していないので、文字通り幻の存在だ。都会的に洗練されたヴォイス、ラス・フリーマンやホレス・シルヴァーを思わせるピアノと、作品の雰囲気はチコ・ランドールのデビュー盤(Roulette)に似ている。12曲目に収録されている名曲「You Better Go Now」が貴重だ。ホリデイやサザンが歌っていないヴァースや後半のコーラスもあり、作詞家が意図した本来のフォームかもしれない。原盤はAppolo LP-485。

[PR]
by makotogotoh | 2017-10-07 04:11 | SSJ