2017.8.28 Junko Moriya One Night Only Special Sextet feat. Michael Dease@Tokyo TUC

a0107397_06252122.jpg
a0107397_06252834.jpg
a0107397_06260331.jpg

守屋純子が、マイケル・ディーズ(tb)を迎えた一夜限りのセクステットを結成参加するというのでTUCへ。ディースズジョージア州オーガスタ出身の35歳。かなり体重が増えたのか。ポスター写真と印象がかなり異なるが、先週の金曜が誕生日だった。8月23日から26日までSeiko Summer Jazz Camp2017のために来日、将来ジャズ・ミュージシャンを目指す日本の若者にジャズの演奏技術と理論、楽しみ方を指導した。
 この日の客席も学生らしき若者が中心。守屋によると、トロンボーン奏者が過半数だという。この日のレパートリーは守屋編曲によるモダン・ジャズの名曲と、守屋のオリジナルが中心。最初のセットは、今年生誕100年を迎えたモンクのオリジナルでスタート。ディースはいきなりBlue Trainのメロディ、Curtis Fullerを思わせるソロで、聴衆の関心を引きつける。続いて守屋のオリジナル(2013年に死去したフランス人の友人のために書いた)でディーズをフィーチャー。長谷川等伯の龍虎図からヒントを得た5拍子ものや、エリントンをイメージしたバラードと続く。管楽器のソロの際、ディーズはその場で思いついたリフをメンバーに指示、挿入する。これも3管、4管の面白さだろう。
 後半のセットでは、ラテンとスイングを往来するK.D.のナンバーでスタート。その後、遊びに来た中川英二郎(1975~)がステージで紹介され、中川&ディーズでCherokeeとLamentを合奏。前者はストップタイムで2トロンボーンのアンサンブルを見事に披露、後者ではJ.J.ジョンソンゆかりのフレーズを2人が連発、大いに盛り上がった。プレイヤーとしてのみならず、教育者としても素晴らしいメッセージを発したディーズ。今後の活躍を大いに期待したい。

岡崎好朗(tp)マイケル・ディーズ(tb)近藤和彦(as,ss)守屋純子(p)納浩一(b)デニス・フレーゼ(ds)中川英二郎(tb)
1st set:
1.Four in One(Thelonious Monk, arranged by Moriya)
2.For Daniel(Moriya)
3.Tiger and Dragon(Moriya)
4.Duke's Mood(Moriya)
5.Black Nile(Wayne Shorter arranged by Moriya)
a0107397_06254190.jpg
2nd set:
6.Short Story(Kenny Dorham arranged by Moriya)
7.Whisper Not(Benny Golson arranged by Moriya)
8.Waltz Steps(Moriya)
9.Cherokee(Ray Noble) with 中川英二郎(tb)
10.Lament(J.J.Johnson) with 中川英二郎(tb)
11.Walking Down Nakamise Street.(Moriya)
Encore:
12.Broadway(Henry Woode-Teddy McRae-Bill Bird)with 中川英二郎(tb)
a0107397_06260017.jpg

a0107397_05375466.jpg


[PR]
# by makotogotoh | 2017-08-29 04:11 | 守屋純子

訃報 Joe Abercrombie

a0107397_06184655.jpg
ECMから多くのアルバムをリリースしたギタリストのジョー・アバークロンビーが2017年8月22日、心不全のためニューヨーク州ピークスキル郊外のハドソン・ヴァリー病院にて死去した。72歳。1944年12月16日ニューヨーク州ポートチェスター生まれ。
[PR]
# by makotogotoh | 2017-08-24 04:11 | 訃報

訃報 井上修一

a0107397_05572846.jpg
六本木「サテンドール」のオーナー、井上修一氏が2017年8月13日死去した。70歳。神戸生まれ。1974年、27歳の時、神戸でジャズ・レストラン「サテンドール」をオープン。
29歳で上京、銀座時代を経て、六本木で同名のジャズ・クラブをオープンさせた。

[PR]
# by makotogotoh | 2017-08-22 04:11 | 訃報