ハリー・アレンの新作。今回はベイシー・トリビュート。

a0107397_652672.jpg11月に富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル2007で来日するハリー・アレン。今回のアルバムは9月5日、6日に録音されたばかりの最新録音だ。『ダウン・フォー・ザ・カウント』と題した今回の作品は、デューク・エリントンと並ぶ偉大なるバンドリーダーとして知られるカウント・ベイシーへのオマージュ。レイ・ケネディ(p)、ジョー・コーン(g)、ジョエル・フォーブス(b)、チャック・リグス(ds)のクインテット(今回の来日メンバーと同じ)で、〈Topsy〉、〈Lil'Darlin'〉、〈Whirly Bird〉、〈Jumpin' at the Woodside〉、〈Cute〉、〈April in Paris〉、〈Doggin' Around〉などの名曲を演奏。全11曲。10月20日発売。CMSB-28016。
[PR]
# by makotogotoh | 2007-09-27 06:54

週刊金曜日 掲載中。

a0107397_21244015.jpg少し遅くなりましたが、現在発売中の週刊金曜日(2007年9月21日号 No.671)の46ページに「きんようぶんか」音楽欄で、3枚のアルバムを紹介しています。ご一読を。
[PR]
# by makotogotoh | 2007-09-26 21:25

素人は黙って引っ込んでいるべきか?(la_causette)

小倉秀夫(弁護士)のブログla_causette「黙って引っ込んでいるべき素人」より。
《最近ネットでは、「素人は黙って引っ込んでいろというのか」云々という言い回しが流行っているようです。》
《専門家が思わず耳を傾けてしまうような、超一流の素人になってから、そういうことは言ってください》⇒どんな立派な専門家も、最初は素人だったのでは?
《(前略)IT技術の発展による社会のフラット化って、専門家の活動を素人の思いつきレベルに引き下げようという動きではなかったはずなんですが、日本ではどうも誤解されているような気がします。》
ネットの便利さにかまけたのか、専門家の平均レベルも下がってしまったようです。
評論家しかり、編集者しかり。思いつきの仕事でも、(売れれば)一応、仕事とみなされるようになってしまった。そのため多くの人が、思いつき以上の仕事をしなくなってしまった。
その結果、思いつきではない立派な仕事が、正当に評価されにくくなってしまった。
思いつきの仕事と、そうでない仕事を、きちんと峻別できる人が少なくなってしまった。
仕事もいろいろです。
[PR]
# by makotogotoh | 2007-09-26 12:33