Mathias Algotsson Trio/In Copenhagen


2006年3月、『Young And Foolish』で日本デビューを果たしたマティアス・アルゴットソンの第2弾。黄金時代のピーターソン・トリオを支えた名手エド・シグペン(ds)と、カトリーヌ・マッズセン(vo)の夫でもあるイェスパー・ボディルセン(b)とのトリオ。1971年ストックホルム生まれというマティアスのスタイルは、(6)を聴けば一発でわかるようにピーターソンをコンパクトにした感じ。曲によってバロック音楽のアプローチを使うあたりはルイス・ヴァン・ダイクやジョン・ルイスにも通じる部分もある。(1)のタイトルはエド・シグペンのニックネーム。リズム・チェンジのシンプルなナンバーで、小気味よくスイングしていく。1曲目からハッピーでスイング感溢れる演奏で惹きつける。(3)はロバート・マルンベルグが『LINNEA』でも取り上げていた佳曲。(4)は6/8のリズムが新鮮。(7)は意欲的なソロ。(8)は曲としては意欲作だが、途中でFOするのが残念。軽やかな(2)もいい。そして(5)と(10)のバラードが絶品!
(曲目)1.Mr. Taste 2.Manhattan 3.Jag Har Bott Vid En Landsvag 4.Bye Bye Blackbrid
5.But Beautiful 6.Copenhagen 7.Take The A Train 8.Life 9.The Blues
10.Smoke Gets in Your Eyes

2007年09月19日発売。SOLSV0006。
[PR]
# by makotogotoh | 2007-08-25 20:25 | ピアノ

Carsten Dahl Trio / Bebopish Rubbish Rabbit


2007年2月コペンハーゲンで録音されたカーステン・ダールの新作。秀才と凡才は結構みかける昨今において、この人は珍しく鬼才・天才の類に属するだろう。ダールにとってのジャズとは、基本はワンテイクの一発勝負。テイクを重ねればいい演奏ができるものではない。だから出てくる音の集中力が違う。前々作『Blue Train』と同じメンバーで同じピアノを弾くダール。詳しくはライナーノーツに。この「うさぎのイラスト」は彼の娘によるもの。2007年8月21日発売。MMEX-115
[PR]
# by makotogotoh | 2007-08-24 01:04 | Marshmallow

Jan Lundgren Trio/ A Swinging Rendezvous


2007年2月コペンハーゲンで録音されたヤン・ラングレンの新作。リズム・セクションはおなじみの2人。今回はウィントン・ケリーやレッド・ガーランドの演奏でおなじみの曲や、マル・ウォルドロンのSoul Eyesやセロニアス・モンクのWell,You Needn’tなどを取り上げている。ジャズ・ミュージシャンが書いた曲が多いが、O.P.ことオスカー・ペティフォードやポール・チェンバースなどベーシストの曲もあって、イェスパー・ルンゴーが大活躍!ペティフォードの知られざる名曲Two Little Pearlsが泣かせる。2007年8月21日発売。MMEX-114
[PR]
# by makotogotoh | 2007-08-24 00:58 | Marshmallow