人気ブログランキング |

Northbound / Eivind Austad Trio (Losen Records LOS211-2)

a0107397_09281912.jpg
アイヴィン・オースタ Eivind Austad(1973年11月3日生まれ)は、ノルウェイのベルゲン在住のピアニスト。2016年に発表された『Moving』(Ozella Music OZ061CD)は、欧州ピアノ・トリオ愛好家の間で好評を博した。本作はそれに続くセカンド・アルバムである。
a0107397_09295794.jpg
メンバーは前作から変わっていない。ベーシストのマグネ・トールモセーテル Magne Thormodsæter(1973‒)は同じベルゲンの生まれ。ドラマー、ホーコン・ミョセット・ヨハンセン Håkon Mjåset Johansen(1975‒)はトロンハイムの生まれ。演奏における一体感も素晴らしく、レギュラー・トリオといっていいだろう。録音は2018年4月グリーグ・アカデミーのグンナー・セーヴィグ・ホール。プロデュースはトーマス・T・ダール。
 収録曲のうち7曲がオースタのオリジナル、#2のSpace Oddityがデイヴィッド・ボウイの作品。オースタは、前作でもデイヴィッド・ボウイのLife On Marsを取り上げている。成人になって改めてボウイの楽曲がもつ魅力を再発見したというオースタ。
 ジャズ以外の要素では、映画音楽、バロック音楽、ECM的サウンド、ソウル、ゴスペルの影響も受けたといい、この作品でもそれらの要素が随所に反映されている。前作ではビル・エヴァンス、キース・ジャレット、ブラッド・メルドーの影響もみられたが、今回はアメリカのトリオから離れ、ヨーロッパ特有のテイストが強くなったという。ホールでの録音とあるが、バランスも音響もよく、通常のスタジオ録音と比べても音質的に遜色はない。
a0107397_09285436.jpg

# by makotogotoh | 2019-08-16 04:11

Reach / Marte Røyeng (Oslo Session Recordings OSR005)

a0107397_07274563.jpg
ノルウェーの港町ホルテン出身のシンガーソングライター、マルテ・ロイエング(1990~)のデビュー・アルバム。幼少時にジェームズ・テイラーやモーツァルトを聴き、ソンドレ・レルケ、ジョニ・ミッチェル、スーパートランプに親しみ、フィオナ・アップル、ブレイク・ミルズ、ルーファス・ウェインライト、ゲイブリエル・カヘインと関心を広げていったという。録音は2017年5月、11月、12月に分けて行われプロデュースはEven Ormestadが担当。曲作りの才能はあるし、声も魅力的だが、スタイルはアコースティックなギターを中心としたポップスで、ジャズ・テイストは希薄。北欧系ポップスがお好きな方には楽しめるだろう。英語の歌詞カードつき。
a0107397_07281665.jpg



# by makotogotoh | 2019-08-14 04:11

Sound of 3 Edition 2 / Per Mathisen (Losen Records LOS 213-2)

a0107397_07041297.jpg
 パー・マティセンPer Mathisen(1969年10月7日生まれ)は、ノルウェイのベース奏者。2016年に、ノルウェイ出身のフローデ・アルネス Frode Alnæs(g)と、キューバ出身のヒラルド・ピロトGiraldo Piloto(ds)と組んで、アルバム『Sound of 3』(LOS 147-2)を発表した。本作はその続編。ただしメンバーは一新され、今回はオスカー・ピーターソンやラーシュ、ヤンソン、森泰人との共演で知られるウルフ・ワケニウスUlf Wakenius(g)に、英国出身のGary Husband(ds)のトリオ。マティセンは曲によってフレットレスの電気ベースとウッドベースを弾き分ける。録音は2019年1月28日、29日ノルウェイのプロペラ・スタジオ。プロデュースはマティセン自身が担当。若き日のワケニウスが影響を受けたのがジョン・マクラフリン率いるマハビシュヌ・オーケストラ。このトリオで展開される音楽いわゆるジャズ・ロック。#6はスティングのポリス時代の曲。#8はマイク・スターンのオリジナル。
a0107397_07043730.jpg



# by makotogotoh | 2019-08-13 04:11 | Swedish Jazz