人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane

2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane_a0107397_15544911.jpg
この日は5月上旬の暖かさだった前日から打って変わって真冬に逆戻り。昨年11月以来、今年初のクインテット。ピアノの吉田桂一とドラムの高橋幹夫も無事集結。事前のリハもバッチリ。
最初のセットはバレルのオリジナルから。テーマのグリスが強烈。2曲目はガレスピーのオリジナル。イントロはドラム。リズムはラテン、サビのみ4ビート。セカンド・リフ、ドラムとのバースチェンジからラスト・テーマに戻る。3曲目はモンクのブルース。ソロはテナー先発、途中から倍ノリ。好調ゆえリーダーから1コーラス追加の指示。ギター・ソロも3コーラス目から貫禄の倍ノリ。4曲目もモンク。アップテンポでソロはピアノ、ギター、テナーの順。最後はギターとテナーのバース・チェンジで大いに盛り上がる。最後は岡安のオリジナル。リハまでコード進行を間違えて覚えていた安保。ギター、テナー、ピアノのチェイスから最後はドラム・ソロをフィーチャーして無事終了。
 後半のセットは、最近熊本から神奈川に引っ越してきた愛弟子の渡辺隆介を迎えて2曲。3曲目はブルース「Rock Salt」。ドラムはブレイキー風のシャッフル。ソロはテナー先発でジャズ・メッセンジャーズ風のグルーヴ。コーラスを重ねる度に熱くなっていき、十分温まったところで、ギター・ソロの4コーラス。ブレイキーとグラント・グリーンの共演を思わせる白熱。「Come on!」を連発する岡安に場内も興奮状態。ピアノ・ソロは3コーラス目で、リズム2人が倍ノリを仕掛け、4コーラス目でギターとテナーのリフが入る。「Stuffy」は、ピアノのイントロに続いてテーマはギターとテナーのユニゾン。リフのバックでは、客席からの掛け声が欲しいところ。ソロはギター先発。テナーのソロも好調、モンクの「Nutty」を引用。ダメロンの「Our Delight」は、テーマ&ソロ、でドラムを大きくフィーチャー。大熱演の後はモンクの名曲でしっとりと終了。
2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane_a0107397_15545247.jpg
2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane_a0107397_15545413.jpg
2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane_a0107397_15545572.jpg
2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane_a0107397_15550048.jpg
2024.02.21 Yoshiaki Okayasu Quintet@SoulTrane_a0107397_15545888.jpg
岡安芳明(g)安保徹(ts)吉田桂一(p)香川裕史(b)高橋幹夫(ds)
1st set:
1.Bass Face (Kenny Burrell)
2.Woody N' You (Dizzy Gillespie)
3.Misterioso (Thelonious Monk)
4.In Walked Bud (Thelonious Monk)
5.It's Now or Never (Yoshiaki Okayasu)-Things Ain't What They Used to Be(Theme)

2nd set:
6.Ornithology (Charlie Parker) with 渡辺隆介(g)
7.Blue Monk (Thelonious Monk) with 渡辺隆介(g)
8.Rock Salt (Kenny Burrell)
9.Stuffy (Coleman Hawkins)
10.Our Delight(Tadd Dameron)-Things Ain't What They Used to Be(Theme)
Encore:
11.'Round Midnight (Thelonious Monk)

# by makotogotoh | 2024-02-22 04:11 | 岡安芳明

JAZZ講座 またまた「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第23回)

JAZZ講座 またまた「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第23回)_a0107397_08530044.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座 またまた「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその第23回。この日寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
66.『The Incredible of Jazz Guitar/Wes Montgomery』(Riverside)から
In Your Own Sweet Way, Mr. Walker, Gone with the Windの3曲。
67.『At Ease with Coleman Hawkins/Coleman Hawkins』(Moodsville)より全8曲。
68.『The Soft Land of Make Believe/Frank Minion』(Bethlehem)よりIntroduction of Black Opium Street, Nobody Knows, Thing Ain't Like They Used to Wentの3曲。
69.『The Patended by Edison/Harry Sweets Edison』(Roulette)から全12曲。

# by makotogotoh | 2024-02-11 04:11 | ジャズ講座

2024.1.25 Yoshiaki Okayasu Trio@SoulTrane

2024.1.25 Yoshiaki Okayasu Trio@SoulTrane_a0107397_21280632.jpg
 今月2回目の岡安ライヴ。この日のドラマーは高橋幹夫だったが家族の都合で欠席。代役は高橋徹(1968~)。国立音大講師として「ジャズの歴史」の講義を持ち、自己のグループ「東京グルーヴィン・ハイ!」のツアーを終えたばかりの高橋。岡安の最初の出会いは横浜「Bar Bar Bar」での『ミッドナイト・グルーヴ』レコ発ライヴ。当時の高橋は故・横山達治(perc)のボーヤだった。最近は旧友に会うと訃報の話題が多い。この日もドラムスの岡村タカオが2023年11月29日に、オルガンの佐々木昭雄が2023年9月15日に亡くなっていたことを知る。
 最初のセットはモンクのオリジナルから。よそ行きの感じ、久しぶりの演奏ということで新鮮なスタート。「Sugar Hill」からエンジン全開。ベースのランニング・ソロ、ドラムとのバース・チェンジも好調。バラードの「煙が目にしみる」をはさんで、懐かしの「枯葉」はラテンで。キャバレー全盛期の雰囲気。「Sultry Serenade」は途中でリズム・ブレイク、ギター・ソロで見せ場を作って最後にドラム・ソロをフィーチャー。ハッスルする高橋のドラムに、リーダー岡安も大満足。メドレーは追悼のソロ・ギター。
 後半のセットはル・ファーレ白浜のオーナー、ピアノの山口惠子を加えてスタート。3曲目からは愛弟子の佐津間純との2ギター。元気のいい循環でドラムをフィーチャー。パーカーの「SteepleChase」ではじまり、いろんな曲を経て最後は「Cotton Tail」で終了。「My Romance」は師匠と弟子の2ギター・デュオ。リズムはお休み。メロディを大切に弾き、心でしっかり歌う。このセットのハイライト。最後はリクエストに応えて「Beautiful Love」。チャチャチャのリズムでグラント・グリーンとウエス・モンゴメリー風に盛り上がって無事終了。
2024.1.25 Yoshiaki Okayasu Trio@SoulTrane_a0107397_21280866.jpg
2024.1.25 Yoshiaki Okayasu Trio@SoulTrane_a0107397_21281011.jpg
岡安芳明(g) 香川裕史(b) 高橋徹(ds)
1st set:
1. Well You Needn't (Thelonious Monk)
2. Sugar Hill (Kenny Burrell)
3. Smoke Gets In Your Eyes (Jerome Kern-Otto Harbach)
4. Autumn Leaves (Josef Kosma-Johnny Mercer)
5. Sultry Serenade (Tyree Glenn)
6. Medley:My One and Only Love (Guy Wood-Robert Mellin)-Over the Rainbow(Harold Arlen)
7. Take the A Train-Things Ain't What They Used to Be(theme)

2nd set:
1. Satin Doll(Duke Ellington-Billy Strayhorn) with 山口惠子(p)
2. I'll Close My Eyes (Billy Ried) with 山口惠子(p)
3. Softly As In a Morning Sunrise (Sigmund Romberg-Oscar Hammerstein II )with 佐津間純(g)
4. SteepleChase(Charlie Parker) with 佐津間純(g)
5. Misterioso (Thelonious Monk) with 佐津間純(g)
6. My Romance (Richard Rodgers-Lorenz Hart) with 佐津間純(g)
7. Beautiful Love (Wayne King-Victor Young-Egbert Van Alstyne-Haven Gillespie)
-Things Ain't What They Used to Be(theme) with 佐津間純(g)


# by makotogotoh | 2024-01-26 04:11 | 岡安芳明