人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Masuo Yoshiaki & Bill Mays Duo @ Body and Soul

Masuo Yoshiaki & Bill Mays Duo @ Body and Soul  _a0107397_2128268.jpg
増尾好秋(g)とビル・メイズ(p)のデュオ・ツアーの初日。1970年に、渡辺貞夫のグループで渡米した増尾は、その後ソニー・ロリンズやエルヴィン・ジョーンズのグループで活躍、早いものですでに在米39年以上を越えた。一方のメイズも、フランク・シナトラ、サラ・ヴォーン、ペギー・リー、ディオンヌ・ワーウィックなど、これまで200人以上の歌手の伴奏者として知られる名手。バド・シャンクやフィル・ウッズのグループでも活躍する。20年以上前から知り合いだという2人がこのデュオ・プロジェクトを始めたのは、2年前。昨年はアルバム『I'm Glad There Is You』も発表した。
ピアノとギターのデュオらしく、静かでほのぼのとした雰囲気で始まったステージも、次第に熱を帯び、生き生きとした両者の対話が、聴衆を湧かせる。青年時代そのままに年を重ねた増尾が、堅実なギター・プレイとさわやかなMCを披露すると、対するメイズが鮮やかなピアノ・テクニックと派手なアクションで盛り上げる。
メイズは数年前『Piano Stylist』誌のために書き下ろしたショパン流のアレンジを施した「Body and Soul」をピアノ・ソロで演奏。終演後は譜面にサインして、京子ママに献呈していた。「Breakfast at Tiffany's」は1970年、初めてニューヨークを訪れた増尾がアメリカに抱いたイメージだという。増尾がFのブルースを弾き始めると、メイズはすかさず「Sippin' at the Bells」「Dance of the Infidels」「Anthropology」「Scrapple from the Apple」などのメロディを自由自在に引用。器楽演奏だけでなく、歌や笑い、ユーモアやペーソスもあり。彼らの姿を見ているだけで、こちらまで楽しくなる。
明るい話題に乏しく、暗い話ばかり目立つ昨今だが、小さなハコで生演奏を聴きながら、時間と場所を共有する。時代が変わっても、人間が充実感を覚えるのは、やはりこういう瞬間なのだ。
なおボディ・アンド・ソウルでは、7月1日から開演時間が30分繰り上がるという。23時を過ぎると、終電に気にするお客さんがぼつぼつと席を立ちはじめる。そんなお客さんにも最後まで聴いてもらうための対策のようだ。
増尾&メイズ・ツアーは6月20日まで続く。詳細はこちら。明日の京都を皮切りに、金沢、長野、新宿、代官山、神保町、吉良町、芦屋、浜松、市ヶ谷、姫路、東広島、岡山、下関、大磯と回る。
Yoshiaki Masuo(g,vo) Bill Mays(p,vo)
1st set
1.The Best Things for You(I.Berlin)
2.People Time(Benny Carter)
3.I Should Care(Sammy Cahn/Axel Stordahl/Paul Weston)
4.Eleanor Rigby(Lennon-McCartney arr.by Bill Mays)
5.I'm Glad There Is You(Jimmy Dorsey, Paul Mertz)
6.Body and Soul(Johnny Greeen arr by Bill Mays)p solo
7.Part of the Deal(Yoshiaki Masuo)
Masuo Yoshiaki & Bill Mays Duo @ Body and Soul  _a0107397_2136015.jpg

2nd set
1.Please Be Kind(Sammy Cahn/Saul Chaplin)vo YM,BM
2.Chi-Chi(Charlie Parker)
3.Jitterbug Waltz(Fats Waller)
4.Breakfast at Tiffany's(Henry Mancini)
5.Nobody Else But Me(Jerome Kern)vo YM
6.Fall(Wayne Shorter)
7.Get Out of Town(Cole Porter)vo BM
Masuo Yoshiaki & Bill Mays Duo @ Body and Soul  _a0107397_21361169.jpg
Encore
1.I Loves You, Porgy(George Gershwin)
by makotogotoh | 2010-06-03 04:11
<< Last Recording/... Message from Fa... >>