2018.3.25 A Letter from Slowboat レコード発売記念コンサート「良さんへの返信」@札幌ルーテルホール その2

さて前半のステージでは、4人の女性ピアニストが登場した。
a0107397_05374159.jpg
トップバッターは鹿川暁弓。ウイントン・ケリーが大好きで、ケリーちゃんの愛称で呼ばれる鹿川が初めて聴いた福居のアルバムは『Scenary』でも『Mellow Dream』でもなく、ピアノ・ソロ・アルバムの『My Favorite Tune』だった。そこからジャズに憧れ、スローボートに導かれるようにやってきたという。
彼女が演奏したのは2曲。最初のAll the Things You Areは、2年前の6月にも同じ場所で演奏しているが、この日の演奏は、呼吸、深さ、タッチ、まるで別人のように成長した感を受けた。昨日よりも今日、今日よりも明日。たくさん練習して、少しでも上手くなりたいという福居の教えが、彼女の演奏に息づいている。2曲目のScenaryは福居の代表曲。オープニングからトリビュートにふさわしい名曲の登場に、会場からは大きな拍手が湧き起こった。
a0107397_05374648.jpg
2人目の高橋えつ子は、初めて聴くピアニストだ。繊細で細身の鹿川に続いて登場すると、なんともごつい印象を受ける。
彼女が福居と過ごした時間は短く一瞬だったが、福居のピアノを聴いて、魂の音と思ったという。高橋は、2回目のスローボート訪問時で、福居が演奏してくれたピーターソンの名曲を、天国の福居に捧げた。高橋の演奏も、まさに魂の音。福居のジャズ・スピリッツが、彼女のピアノにもしっかり継承されている。
a0107397_05374912.jpg
3人目は、小学生でバド・パウエルを聴いて強い衝撃を受けたという富樫範子。早熟のピアノ女子だが、福居のピアノを聴いて、幼少時の衝撃が蘇り、自分でもバップを弾きたいと思った。生粋のバップ信奉者である彼女は、福居の思い出が詰まった名曲2曲を演奏した。
a0107397_05375481.jpg
前半のトリは中島弘惠。彼女が福居と会ったのは一度きり。それも終演後の宴会である。初対面でも福居は中島の手をしっかりと握りしめ、乾杯をしてくれたという。その体験が今でも彼女の宝物であり、大きな励みになっている。しかし今回の出演を康子さんから依頼され、福居との思い出の曲と言われて、はたと困った。ないのである。小冊子を見ると、別の演目が記載されている。
ギリギリまで迷っていた中島は、リハーサルを終えた後で信頼を寄せる共演者2人から、別の曲を演奏することを提案される。長年、スローボートの敷居は高かったという中島。だが百聞は一見にしかずで、福居のイメージは、それまで周囲から聞かされてきたものと全く違っていた。中島は福居から「バップを弾け」ではなく、「自分の信じる音楽をとことんやれ」というメッセージを受け取った。一期一会のメッセージ通り、ステージは予想外の展開。彼女のオリジナル曲は7拍子。会場の度肝を抜くような迫真の熱演で締めくくった。(続く)
1st set:
鹿川暁弓(p)粟谷巧(b)宇野修(ds)
1.All The Things You Are
2.Scenary
高橋えつ子(p)粟谷巧(b)宇野修(ds)
3.Tea for Two
4.Hymn to Freedom
富樫範子(p)北垣響(b)伊藤宏樹(ds)
5.Like Somone in Love
6.I'll Keep Loving You
中島弘惠(p)北垣響(b)伊藤宏樹(ds)
7.Remember
8.Dragon Dance

[PR]
by makotogotoh | 2018-03-28 04:11 | 福居良
<< 2018.3.25 A Let... 2018.3.25 A Let... >>