2018.6.10 Akiko Toyama Trio @ Tokyo TUC

a0107397_05484518.jpg
 ピアニストの外山安樹子が、自己のトリオでの活動10周年を記念して、TOKYO TUCにおいて初のライヴ・レコーディングを行った。録音を目的としたライヴのため、一晩に同じ曲を2回演奏する場合があると事前の告知はあったが、結局、録り直した曲はなく2ステージすべて異なる楽曲で構成された。初期のオリジナルや、オリジナルのピアノ・ソロ、外山が編曲したスタンダード・ナンバーを中心に、熱演を披露した。
 ライヴに先立つ5月8日、9日、外山はこの同じトリオで群馬・前橋の「夢スタジオ」でスタジオ・レコーディングを行った。次作はトリオの10周年記念のスタジオ&ライヴの豪華2枚組として2018年9月に発表される。レコ発ライヴは2018年9月12日の渋谷「JZ Brat」を皮切りに、全国で展開される予定。
a0107397_06261757.jpg
a0107397_05484275.jpg
外山安樹子(p) 関口宗之(b) 秋葉正樹(ds)
1st set:
1.Spring Lake(Akiko Toyama)
2.I Wish I Knew(Mack Gordon-Harry Warren)
3.Nostalgia(Akiko Toyama)
4.Flame in Flame(Akiko Toyama)
5.誰もいなくならない Nobody Goes Away(Akiko Toyama)
6.A Night in Tunisia(Dizzy Gillespie-Frank Paparelli)
2nd set:
7.Under the Lirac Tree (p solo)(Akiko Toyama)
8.Tres Trick(TONGARI) (p solo)(Akiko Toyama)
9.May Journey(Akiko Toyama)
10.You Don't Know What Love Is (Don Raye-Gene DePaul)
11.Ballad of the Sad Young Men (Fran Landesman-Tommy Wolf)
12.Bassi Samba(Akiko Toyama)
Encore:
13.Take Five(Dave Brubeck)
a0107397_06261324.jpg


[PR]
by makotogotoh | 2018-06-11 04:11 | 外山安樹子
<< 訃報 Lorraine Gordon JAZZ講座 新「トミー・フラ... >>