2018.11.28 Benny Green Trio + Satoshi Inoue @ Tokyo TUC

a0107397_07074636.jpg
2018年11月24日から25日にかけて行われたBig Apple in Nonoichi 2018。その東京公演をみるためにTokyo TUCへ。今年のテーマはTribute to Art Blakey & Jazz Messengers。メンバーはBenny Green(p),Peter Washington(b)、Lewis Nash(ds)の3人に、井上智(g)がゲストで加わる。BennyとPeterは、80年代後半にJazz Messengersで、PeterとLewisは1993年から1999年までTommy Flanagan Trioのレギュラーとして活躍した。
 この日は、立ち見が出るほどの超満員。プロのミュージシャン、ジャズを学ぶ学生も数多くかけつけた。最初のセットは、井上(g)の入ったカルテットで、Horace Silverの名曲から。1曲終えたところで、Bennyが今年12月で閉店するこの店への感謝の意を表明。長年支えてきた田中紳介さんが紹介した。その後、Bennyの新作「Now and Then」でも取り上げたHank Mobleyのブルースへと続く。ここでギターの井上がステージを降り、トリオで4曲。Kenny Barron、Cedar Waltonの名曲を取り上げ、バラードのTheme for Ernieは情感たっぷり。最後は急速調のスタンダードで終了。後半のセットもカルテットで始まり、Jazz Messengersの名曲Dat Dareから。こちらも2曲演奏したところで、ギターが抜け、3曲目からトリオに。Duke Pearsonのオリジナル、Tommy Flanaganの愛奏曲「50-21」では、ベースやドラムのソロも大きくフィーチャー。アンコールは再び井上を迎え、スタンダードのSecret Loveで締めくくる。終演後もCD即売&サイン会で大いに賑わった。
a0107397_07152337.jpg
Benny Green(p) Peter Washington(b) Lewis Nash(ds) Satoshi Inoue(g)
1st set:
1.Split Kick (Horace Silver) with Satoshi Inoue(g)
2.Hipsippy Blues (Hank Mobley) with Satoshi Inoue(g)
3.Seascape (Kenny Barron)
4.Newest Blues (Cedar Walton)
5.Theme for Ernie (Frank Lacey)
6. Just One of Those Things (Cole Porter)
a0107397_07124224.jpg
a0107397_07104105.jpg
2nd set:
7.Dat Dare (Bobby Timmons) with Satoshi Inoue(g)
8.Hi-Fly (Randy Weston) with Satoshi Inoue(g)
9.Chant (Duke Pearson)
10.It Might As Well Be Spring (Rodgers-Hammerstein II)
11.50-21 (Thad Jones)
12.52nd Street Theme (Thelonious Monk)
Encore:
13.Secret Love (Sammy Fain) with Satoshi Inoue(g)

by makotogotoh | 2018-11-29 04:11 | Benny Green
<< 訃報 Perry Robinson 訃報 前田憲男 >>