2018年 05月 10日 ( 1 )

2018.5.9 Satoshi Inoue Trio feat.Akira Tana @ Apple Jump "Jim Hall Tribute"

a0107397_09342642.jpg
さまざまなジャズの巨人との共演で知られる日系ドラマー、アキラ・タナ(1952~)は、かつてルーファス・リード(b)との双頭ユニットも率いたが、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに、Otonowa(音の輪)というカルテットをサンフランシスコで結成。以来日本を何度も訪れては各地でチャリティ・コンサートを続けている。
今回の来日は2018年4月18日から5月10日までの約3週間、ツアー最終日は池袋アップルジャンプにおいてギタリスト、井上智との共演となった。
ジム・ホールの弟子として知られる井上は2014年10月に『プレイズ・ジム・ホール』というアルバムを発表。今回「ジム・ホールゆかりの楽曲を集めてステージをやろう」というアキラからの提案を受けて意気投合。この日を楽しみにしていたという。80年代の後半、ジム・ホール・トリオのレギュラーとしても活躍したアキラ・タナはコンコードに残されたホールのアルバムにも参加している。この日もアップテンポのナンバーでのダイナミックなシンバルからバラードでの繊細なブラシまで、ジャズの巨人と共演を重ねてきたベテランらしい味わい深いプレイで魅了した。
前半セットのバラード「In a Sentimental Mood」ではブラシを使った繊細なドラム・ソロを披露。後半セットのAlone Togetherでは、佐藤”ハチ”恭彦のベースが大きくフィーチャーされ、ロン・カーター&ジム・ホールとの共演を彷彿させた。あまたのスタンダードをこれでもかと引用する井上節も絶好調。アンコールのブルースではジミー・ヒースのGingerbread Boyも引用され、両者のアイコンタクトも何度もみられ、エキサイティングな一夜となった。
a0107397_09344617.jpg
井上智(g)佐藤”ハチ”恭彦(b)アキラ・タナ(ds)
1st set:
1.Something Special
2.My Funny Valentine
3.Waltz New
4.In a Sentimental Mood
5.Stompin' at the Savoy
6.Careful
2nd set:
7.All the Things You Are
8.The Answer Is Yes(Jane Hall)
9.Alone Together
10.Akatombow(Red Dragonfly)
11.St.Thomas
Encore:
12.Big Blues
a0107397_09342901.jpg


[PR]
by makotogotoh | 2018-05-10 04:11 | 井上智