2018年 08月 02日 ( 1 )

2018.8.1 Benny Green Trio @ Cotton Club

a0107397_05403306.jpg
リーダーのベニーは昨年11月以来の来日。今回の極東ツアーのために結成されたヤング・トリオ。ジョン・クレイトンに師事したベースのマイク・グローラは1991年生まれの27歳で、今回は初来日。ケニー・ワシントンとビリー・ドラモンドに師事したドラムスのアーロン・キメルは1987年生まれの31歳。秋吉敏子、ヒラリー・コールとの共演でも知られる。最初のセットは、今も研究しているピアニストたちのレパートリーが中心。後半のセットはオリジナルとブルースが中心。シャッフル・ビートのシンプルなブルースでのエネルギッシュな熱演、スローバラードでの濃密な空気感などで会場を魅了した。ベニーは11月には再来日、Big Apple in NonoichiではPeter Washington,Lewis Nashとの共演。金子健、井上智とのKBSTrioのツアーも予定されている。
2018年10月に発売が予定されている『Now and Then』(Sunnyside)は、西海岸でのスタジオ録音。David Wong(b) Kenny Washinton(ds)のトリオに、全12曲中5曲でVeronica Swift(vo)、Anne Drummond(fl,alto-fl)、Josh Jones(perc)が参加。エレピを弾いたポップな曲もあり、バラエティに富んだ内容となっている。

Benny Green (p) Mike Gurrola(b) Aaron Kimmel (ds)
1st set:
1.Sweet Pumpkin(Ronnell Bright)
2.Minor Contention(Hank Jones)
3.Lament(Duke Pearson)
4.Martha's Prize(Cedar Walton)
5.Hipsippy Blues(Hank Mobley)
6.50-21(Thad Jones)
7.It Might As Well Be Spring(Rodgers-Hammerstein II)
8.Seascape(Kenny Barron)
Encore:
9.Twisted Blues(Wes Montgomery)

2nd set:
10.Pittburg Brethen(Benny Green)
11.St.Vitus Dance(Horace Silver)
12.Idle Moments(Duke Pearson)
13.Wiggin'(Benny Green)
14.Down Under(Freddie Hubbard)
15.Theme for Ernie(Fred Lacey)
16.Bean and the Boys(Coleman Hawkins)
Encore:
17.C Blues(Benny Green)

[PR]
by makotogotoh | 2018-08-02 04:11 | Benny Green