2018年 10月 03日 ( 1 )

2018.10.2.『楠井五月&ウラジミール・シャフラノフ 』アルバム発売記念ライブ@Body and Soul

a0107397_21245815.jpg
 今回の来日は9月28日の北九州に始まり10月7日の佐世保ジャズ2018まで、鎌倉規匠(ds)の仕切りでトリオで回っている。楠井五月とシャフラノフのデュオは、この日のみ。昨年6月に発売されたデュオCDの発売記念ライヴである。この日のMCは楠井が担当。まずは尊敬するシャフラノフを客席に紹介。バラードでスタート。同じレパートリーでも、トリオとデュオでは内容はまったく異なる。アンサンブル重視のトリオに対し、即興の会話を楽しむデュオといった具合だ。
 70年代末から80年代にかけて、ニューヨークのブラッドレイズで同業者たちとともに巨人のデュオを数多く聴いたシャフラノフ。バラードのEmbraceable Youでは、テーマの後、ベースにソロを回し、続く自らのソロはパーカーのQuasimodoから切り出すというアイディアは、ブラッドレイズでTommy Flanagan-George Mrazのデュオを聴いた経験があるからだ。後半のセットでは、遊びに来ていた鎌倉が3曲で参加。アンコールは再びデュオ。バラードで静かに締めくくった。
a0107397_08050895.jpg
楠井五月(b) Vladimir Shafranov(p)
1st set:
1.Autumn in New York
2.Autumn Leaves
3.Lament
4.Satin Doll
5.Chelsea Bridge(solo)-Star Crossed Lovers
6.Take the A Train
7.One for Amos
a0107397_08085706.jpg
2nd set:
8.Easy to Love-Hallucinations
9.Darn That Dream
10.I Thought About You
11.Holy Land
12.Embraceable You
13.All God's Chillun Got Rhythm with 鎌倉規匠(ds)
14.Once I Loved with 鎌倉規匠(ds)
15.A Beautiful Friendship with 鎌倉規匠(ds)
a0107397_07234155.jpg
Encore:
16.But Beautiful-What a Wonderful World
a0107397_21181269.jpg
a0107397_08062662.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2018-10-03 04:11 | Vladimir Shafranov