カテゴリ:Benny Green( 26 )

2018.12.4. KBS Trio @ Shinjuku Tsunohazu Hall

a0107397_07184425.jpg
a0107397_07284265.jpg
 ベースの金子健をリーダーとするKBSTrioのCD『Delight』発売記念ツアー。アルバム発売は2015年5月20日。このツアー実現まで、3年の歳月を要した。
今回のツアーは全部で7公演。11月29日の昼間にリハーサルを行い、翌日から青森、静岡(袋井、裾野)と回って、中日を迎えた。
 木枯らし一番も吹かず師走、この日は12月とは思えない季節外れの夏日。新宿の角筈区民ホールは都庁や西口中央公演の近くに位置し、クラシックでも使われる本格派のコンサートホール。KBSTrioはドラムレスなので、ベース、ピアノ、ギターひとつひとつの楽器の音がよく響き、ホール特有の余韻も美しい。
 MCはリーダーの金子健。ステージは途中休憩なしの約90分。メロディの美しいスタンダード、知られざるオリジナルの銘曲を取り上げるのがこのトリオの特徴。テーマを取る楽器も曲によってベース、ピアノ、ギターと変わり、互いの演奏に耳を傾けながら、楽器間のチェイスや、各人のソロで場面を作っていく。ミディアムや速いテンポの曲でも強烈にスイングするが、スペースたっぷりのバラードも素晴らしい。とりわけ終盤の「Deep In a Dream」のベースの弓弾き、アンコールでのpiano soloが秀逸。終演後は、大勢のファンとサイン会で交歓。大いに盛り上がって無事終了。
a0107397_07195123.jpg
a0107397_07252868.jpg
Ken Kaneko(b) Benny Green(p) Satoshi Inoue(g)
Set List:
1. Tadd's Delight
2. Soul Eyes
3. Poor Butterfly
4. Cool Struttin'
5. Tricrotism
6. Night Mist Blues
7. Remember
8. Deep in a Dream
9. All God's Chillun Got Rhythm
Encore:
10. Here's That Rainy Day(p solo)
11. Cotton Tail
a0107397_07221614.jpg

by makotogotoh | 2018-12-05 04:11 | Benny Green

2018.11.28 Benny Green Trio + Satoshi Inoue @ Tokyo TUC

a0107397_07074636.jpg
2018年11月24日から25日にかけて行われたBig Apple in Nonoichi 2018。その東京公演をみるためにTokyo TUCへ。今年のテーマはTribute to Art Blakey & Jazz Messengers。メンバーはBenny Green(p),Peter Washington(b)、Lewis Nash(ds)の3人に、井上智(g)がゲストで加わる。BennyとPeterは、80年代後半にJazz Messengersで、PeterとLewisは1993年から1999年までTommy Flanagan Trioのレギュラーとして活躍した。
 この日は、立ち見が出るほどの超満員。プロのミュージシャン、ジャズを学ぶ学生も数多くかけつけた。最初のセットは、井上(g)の入ったカルテットで、Horace Silverの名曲から。1曲終えたところで、Bennyが今年12月で閉店するこの店への感謝の意を表明。長年支えてきた田中紳介さんが紹介した。その後、Bennyの新作「Now and Then」でも取り上げたHank Mobleyのブルースへと続く。ここでギターの井上がステージを降り、トリオで4曲。Kenny Barron、Cedar Waltonの名曲を取り上げ、バラードのTheme for Ernieは情感たっぷり。最後は急速調のスタンダードで終了。後半のセットもカルテットで始まり、Jazz Messengersの名曲Dat Dareから。こちらも2曲演奏したところで、ギターが抜け、3曲目からトリオに。Duke Pearsonのオリジナル、Tommy Flanaganの愛奏曲「50-21」では、ベースやドラムのソロも大きくフィーチャー。アンコールは再び井上を迎え、スタンダードのSecret Loveで締めくくる。終演後もCD即売&サイン会で大いに賑わった。
a0107397_07152337.jpg
Benny Green(p) Peter Washington(b) Lewis Nash(ds) Satoshi Inoue(g)
1st set:
1.Split Kick (Horace Silver) with Satoshi Inoue(g)
2.Hipsippy Blues (Hank Mobley) with Satoshi Inoue(g)
3.Seascape (Kenny Barron)
4.Newest Blues (Cedar Walton)
5.Theme for Ernie (Frank Lacey)
6. Just One of Those Things (Cole Porter)
a0107397_07124224.jpg
a0107397_07104105.jpg
2nd set:
7.Dat Dare (Bobby Timmons) with Satoshi Inoue(g)
8.Hi-Fly (Randy Weston) with Satoshi Inoue(g)
9.Chant (Duke Pearson)
10.It Might As Well Be Spring (Rodgers-Hammerstein II)
11.50-21 (Thad Jones)
12.52nd Street Theme (Thelonious Monk)
Encore:
13.Secret Love (Sammy Fain) with Satoshi Inoue(g)

by makotogotoh | 2018-11-29 04:11 | Benny Green

2018.11.30-12.7 KBS Trio Delight*Tour 2018のお知らせ

a0107397_17591716.jpg
a0107397_17572505.jpg

by makotogotoh | 2018-11-12 04:11 | Benny Green

2018.8.1 Benny Green Trio @ Cotton Club

a0107397_05403306.jpg
リーダーのベニーは昨年11月以来の来日。今回の極東ツアーのために結成されたヤング・トリオ。ジョン・クレイトンに師事したベースのマイク・グローラは1991年生まれの27歳で、今回は初来日。ケニー・ワシントンとビリー・ドラモンドに師事したドラムスのアーロン・キメルは1987年生まれの31歳。秋吉敏子、ヒラリー・コールとの共演でも知られる。最初のセットは、今も研究しているピアニストたちのレパートリーが中心。後半のセットはオリジナルとブルースが中心。シャッフル・ビートのシンプルなブルースでのエネルギッシュな熱演、スローバラードでの濃密な空気感などで会場を魅了した。ベニーは11月には再来日、Big Apple in NonoichiではPeter Washington,Lewis Nashとの共演。金子健、井上智とのKBSTrioのツアーも予定されている。
2018年10月に発売が予定されている『Now and Then』(Sunnyside)は、西海岸でのスタジオ録音。David Wong(b) Kenny Washinton(ds)のトリオに、全12曲中5曲でVeronica Swift(vo)、Anne Drummond(fl,alto-fl)、Josh Jones(perc)が参加。エレピを弾いたポップな曲もあり、バラエティに富んだ内容となっている。

Benny Green (p) Mike Gurrola(b) Aaron Kimmel (ds)
1st set:
1.Sweet Pumpkin(Ronnell Bright)
2.Minor Contention(Hank Jones)
3.Lament(Duke Pearson)
4.Martha's Prize(Cedar Walton)
5.Hipsippy Blues(Hank Mobley)
6.50-21(Thad Jones)
7.It Might As Well Be Spring(Rodgers-Hammerstein II)
8.Seascape(Kenny Barron)
Encore:
9.Twisted Blues(Wes Montgomery)

2nd set:
10.Pittburg Brethen(Benny Green)
11.St.Vitus Dance(Horace Silver)
12.Idle Moments(Duke Pearson)
13.Wiggin'(Benny Green)
14.Down Under(Freddie Hubbard)
15.Theme for Ernie(Fred Lacey)
16.Bean and the Boys(Coleman Hawkins)
Encore:
17.C Blues(Benny Green)

by makotogotoh | 2018-08-02 04:11 | Benny Green

2017.11.16 Benny Green Trio @ Cotton Club

a0107397_06333289.jpg
今年の春、新作『Happiness! Live at Kuumbwa』(Sunnyside)を出したBenny Green。前作『Live in Santa Cruz!』と同じ場所で収録されたライヴ録音だが、ドラマーがKenny WashingtonからRodney Greenに代わった。今回もその新作と同一メンバーで来日すると思いきや、変更の告知があった。今年の8月、Rodney Greenが抜け、Carl Allenが入ったという。Carl Allenは、長年Benny Golsonのカルテットで定期的に来日。Carl とBennyは35年前、1982年からの知り合いで、26年前、1991年にBenny Greenが結成した最初のTrioのドラマーであり、Blue Note時代の『Greens』『That's Right』『Testifyin'』といったリーダー作に参加した。90年代の前半、2人はFreddie Hubbardのバンドでも共演し、Jazz Futuresなど、多くのRecording Sessionでも起用された。毎年、5月頃に来日しているBennyだが、今年は晩秋。直前にクラブが入る建物(東京ビルTOKIA)の設備トラブルで水漏れが発生、予定されていた3日間公演のうち最初の2日が中止となった。最終日も実現できるか不安だったが、公演体制が整い、全国から新旧のファンが数多く駆けつけた。つまり今年の公演はこの1日限り。Steinwayはトイレ前の通路に移されており、ステージのピアノはYamahaのC3に変更されている。
Bennyは新作のジャケット同様、紫色のネクタイでステージに登場。Carl Allenは文字通りの巨漢。彼の左胸からも同色系のハンカチーフが見える。
最初のセットはミディアム・テンポのSweet Pumpkinで繊細にスタート。最初のみ軽やかだが、徐々に次第に熱を帯び力の入ったソロへ。ピアノ、ベースのソロの後、ドラムとの8小節交換。ラスト・テーマはサビから戻って短く。2曲目の前に、ジャケットを脱ぎ、首元のネクタイも緩める。オリジナルのKenny Drewはマイナー調でしっとりと。ソロはピアノのみ。続いてハンク・ジョーンズの古いオリジナル。ラテン・リズムのイントロからバップ調のメロディ。右手のみによるバップ調の長いライン、フィニアス・ニューホーン張りの両手でのユニゾン。ドラム・ソロを大きくフィーチャー、会場からは大きな拍手が。バラードのSomething I Dreamedは、50年代マイルスの名演のひとつ。ルバートの長いイントロから、イン・テンポ。繊細なタッチでレッド・ガーランドを思わせるブロック・コードで仕上げた。そろそろステージも折り返し点。ここから後半、大きなストンプで、Carl Allenにシャッフル・ビートを合図。フレディ・ハバードのオリジナルと続く。もちろんジャズ・メッセンジャーズ風のサウンドで、ソロはベースのDavid Wongが先発。続いてBennyがBobby Timmons張りのサウンドをエネルギッシュに披露。エンディングはトリオ全体で音量を絞ってフェイド・アウト。続くHumpreyは90年代のBenny Green Trioを知るファンには懐かしいオリジナルだろう。この曲はWalter Davis Jr.に捧げたBennyのオリジナルで、彼の風貌がHumphrey Pennyworthという漫画のキャラクターに似ているところからこのタイトルがつけられた。Duke PearsonはBennyが長年、尊敬&研究しているピアニスト&作曲家のひとり。ベースのパターンで始まる「Lament」は、ドナルド・バードの人気盤『Fuego』に入っているPearsonのオリジナルだ。この知られざる佳曲を内省的に仕上げると、いよいよフィナーレへ。イントロは往年のKeith Jarret風だが、すぐに8ビートのゴスペル・ナンバーとわかる。シンプルな構成だが、途中で転調を何度も繰り返し、Ray BryantやJunior Manceを思わせるブルージーなサウンドで聴衆を魅了。アンコールはWes Mongomeryの速いブルースで終了。

後半のセットは、17年前に書いたというオリジナルでスタート。2曲目は新作『Happyness!』でも取り上げたHorace Silverの名曲へ。こういう曲を取り上げると、ジャズ喫茶の全盛期、Hard Bop黄金時代の熱気が生き生きと蘇る。ピアノ・ソロからセカンド・リフに移って、会場からは大きな拍手が。ドラムとの激しい小節交換も鮮やかに。続いて自作のバラードEnchanted Forrestを繊細に仕上げ、Cedar Waltonのラテン・ナンバーへ。続くWeaver of Dreamsはバラード。ルバートのソロからインテンポでリズムが加わる。さらにCeder Waltonのブルースは急速調。後半はEverybody I Have the Bluesのリフを提示し、ラスト・テーマへ。大きな拍手の後、3曲目のバラードは、なんとIdle Moments。Grant Greenの同名盤で知られるDuke Pearsonの名曲だが、思わず目を閉じて聴いてしまう。最後は再びCedar Waltonのオリジナル。テンポは急速調、テーマも長いが、曲作りのうまさで定評のあるCedarらしい作風。アンコールはBG3に再加入したCarl Allenにちなんだ新しいBlues。Bennyの古いオリジナルにCarl's Bluesという曲があるが、このCarl's Bruiseはそれとは違う新曲。シンプルながら力強いタッチで盛り上げて無事終了。終演後はロビーで新作CDの販売&サイン会。ひとりひとりのファンとの交流を大切にするBennyは、再会を喜び、記念撮影と会話も楽しんでいた。トリオはこの後、韓国ソウルに移動、2日間の公演が予定されている。
a0107397_06333565.jpg
(左から井上智(g),Benny Green(p),金子健(b)。3人はKBS TRIOとして2枚のアルバムをリリース)

BennyGreen(p) David Wong(b) Carl Allen(ds)
1st set:
1.Sweet Pumpkin(Ronnell Bright)
2.Kenny Drew(Benny Green)
3.Minor Contention(Hank Jones)
4.Something I Dreamed Last Night(Sammy Fain,Jack Yellen,Herb Magidson)
5.Down Under(Freddie Hubbard)
6.Humphrey(Benny Green)
7.Lament(Duke Pearson)
8.I Wish I Knew How It Feels to Be Free(Billy Taylor)
Encore:
9.Twisted Blues(Wes Montgomery)

2nd set:
10.Pittsburg Brethren(Benny Green)
11.St.Vitus Dance(Horace Silver)
12.Enchanted Forest(Benny Green)
13.Latin America(Cedar Walton)
14.Weaver of Dreams(John Moon Elliott, Victor Young)
15.The Newest Blues(Cedar Walton)
16.Idle Moments(Duke Pearson)
17.Ground Work(Cedar Walton)
Encore:
18.Carl's Bruise (Benny Green)
a0107397_17152035.jpg

by makotogotoh | 2017-11-17 04:11 | Benny Green

2017.11.14-16.Benny Green Trio@ CottonClubのお知らせ

a0107397_07240703.jpg
a0107397_07241014.jpg
【メンバー変更のお知らせ】(更新日:2017.9/13)
11月14日(火) - 11月16日(木)に開催予定のベニー・グリーン・トリオにて、ドラマーが当初予定していたRodney Green (ds)からCarl Allen (ds)へ変更となりました。


by makotogotoh | 2017-09-17 04:11 | Benny Green

Happy Birthday, Benny Green!

2017年4月7日シカゴのオーケストラ・ホールで行われたOscar with Loveコンサートの映像。ピアノを弾いているのはRobi Botos。他のピアニストはRamsey Lewis, Renee Rosnes, Bill Charlap, Dave Young, Audrey Morris, Kenny Barron。

by makotogotoh | 2017-04-13 04:11 | Benny Green

Happiness! Live at Kuumbwa/Benny Green

a0107397_7331545.jpg
Benny Greenの新譜『Happiness! Live at Kuumbwa』が2017年4月14日に発売される。前作『Live in Santa Cruz』と同じ場所でのライヴ盤だが、録音は2016年6月13日と新しい。ベースはDavid Wong(b)は前作から引き続きの参加、ドラマーはKenny Washington(ds)からRodney Green(ds)に代わった。収録曲はHorace SilverのThe St.Vitus Dance、Freddie HubbardのDown Under、Cedar WaltonのMartha's PrizeとSixth Avenus、Thad Jonesの50-21、Duke PearsonのChant、Wes MongomeryのTwisted Bluesを演奏。自作曲Pittsburgh Brethrenも収録している。
by makotogotoh | 2017-02-28 04:11 | Benny Green

The Torch Is passed.

a0107397_21265027.jpg
1996年、Benny GreenがOscar Petersonから贈られた金のブレスレット。The Torch Is Passed Love Oscar 1996という刻印が記されている。Pass the Torchとは、オリンピックの聖火を誰かにバトンタッチすること、転じて誰かに責任・望みを託すことの意。The torch has been passed to a new generation...はJ.F.ケネディ大統領の1961年1月20日就任演説の一節。望みを託した人と、託された人の間には、他人にはわからない深い絆があることがわかる。
by makotogotoh | 2016-07-13 04:11 | Benny Green

2016.6.19 McCoy Tyner Tribute Concert(from BG Facebook)

a0107397_517147.jpg
It was an unspeakable honor and privilege to join in concert to tribute my hero and a true holy man of music, Mr. McCoy Tyner (Sulieman Saud), at Louise Davies Hall for the San Francisco Jazz Festival, in the company of the great Kenny Barron, Chick Corea, Joe Lovano, Geri Allen, Marcus Roberts and Taylor Eigsti, on Sunday 6/19.
a0107397_5171229.jpg

We were all welcomed by a magnificent audience. While backstage I was privy to sit at a table and simply listen to Mr. Tyner reflect candidly (musician-to-musician and not "interview style") with Kenny Barron telling him of how it was for him to hear Mr. Tyner in their native Philadelphia, and Chick Corea speaking of hearing the master in New York City the same year, playing his magnificently beautiful, revolutionary piano for the first time to their ears. I felt that I was in Jazz heaven to hear Mr. Tyner speak with them as fellow musicians and to somehow revisit his youthful enthusiasm about playing with John Coltrane and Elvin Jones. Chick asked McCoy about the music which Coltrane was playing in his quartet toward the end of it's 5-year reign, how there were simple motivic melody fragments and the band would expound with deepest communal expanse as one whole integrated entity. He asked something like "Did John ever give directives such as 'play in G minor here', or would you just hear it and go from there?" and McCoy replied with something like "Oh no - we would just play". I was so tempted to turn on my tape recorder as they spoke, but I didn't want to behave like a school boy and deviate from the pure blessing to sit as a younger musician with these veteran masters.
a0107397_517995.jpg
Chick was so kind to everyone involved in the celebration and was clearly making efforts throughout the evening to constantly include each of us in the shared communion, so he turned to me in that moment and said, "Do you have those records, Benny?" so I eagerly qualified "of course, you mean like TRANSITION and SUN SHIP", but I knew of course that it was my place to be thankful to listen and not attempt to insert myself into the dialogue of these wise elders.
a0107397_5171677.jpg

While I've always been quite hesitant to attempt to speak many words to Mr. Tyner, who was my second childhood Jazz Piano hero after Thelonious Monk, I found the courage to thank him for the beauty, joy and inspiration he gives the world, and he thanked me politely, but surely he sensed my nervousness. I had beautiful conversations with each of the other musicians, everyone brought their heart and humility to the forum, and I was elated to perform a piano duet with Marcus Roberts whom I've admired since we were both in our early 20's.
When McCoy began the concert with a solo rendition of the title track of the first record of his which I bought when I was 13, FLY WITH THE WIND, the president of the festival, Randall Kline, and my old "homie" from Berkeley High who was present as a most helpful production coordinator, beautiful Cecilia Engelhart, both realized that this was the piece I'd been practicing for weeks in preparation to perform for the tribute! So in the true spirit of Jazz I of course had to think on my feet and come up with another original of McCoy's to perform impromptu with my mother and sister and a few thousand serious listeners in the house, not to mention Mr. Tyner himself who I wished to tribute faithfully. No time to fret or sweat! Randall and Cecelia ran back to a dressing room with me and both concurred when I played a few alternate choices that I should go with another piece from the same 1976 recording, "Salvadore de Samba", which I played as a piano solo following Marcus and I performing "Contemplation".
a0107397_517724.jpg

Redemption came flooding my way when the "ice" of my nervousness in the presence of my larger-than-life piano god, McCoy Tyner was mercifully broken when as the concert was ending, the audience called us all back onstage en masse to perform Duke Ellington's "In A Mellowtone". I didn't want to push to join in and listened with my ears wide open to the two pianos, four hands rendition, grateful to be on the same stage as my hero and all of the beautiful masters, colleagues and friends. Finally Kenny Barron and the others, with bright open eyes as though it were Christmas, all urged me toward the Steinway McCoy was playing, to join him in the bass end of the keyboard. Then sweetest redemption came that I will cherish for the rest of my life - as soon as I began walking a bass line with all the will to channel my mentor Ray Brown I could emanate, McCoy smiled so wide towards me and spoke to me as a fellow musician sitting next to me at the instrument while we played - "Yeah, man! Walk on, brother". In that powerfully affirmative healing moment, I put all fear aside and was shown that I am one of the true extended family of Jazz, exactly what I've longed for since I first heard the African-American art form gloriously resounding through my father's Thelonious Monk and Charlie Parker records - to be a part of the living Jazz legacy.
I want to thank McCoy and his kind son Dean, Chick, Kenny, Joe and his lovely wife Judi, Geri, Marcus and his very cool assistant Eugene, my dear friend Taylor Eigsti, the incredible audience and everyone involved in this unforgettable celebration, for all the care and humanity they showed me. If anyone who was in attendance has a photo of me and McCoy Tyner at the piano together, the smiles and love he showed me are an image I'd be extremely grateful to have a memento of, if you'd care to send it my way [please post them in the comments!]. Most of all, THANK YOU McCOY TYNER for making life such a richer, sweeter, invigoratingly colorful eternal thing for us mere humans.

With love and gratitude,

Benny
by makotogotoh | 2016-06-26 04:11 | Benny Green