カテゴリ:外山安樹子( 18 )

2018.11.2 Akiko Toyama Trio @ SaltPeanuts

a0107397_06352105.jpg
9月16日に、トリオ結成10周年記念のスタジオ&ライヴ2枚組を発表した外山安樹子を聴くために江古田の「そるとぴーなっつ」へ。10月は三重、奈良、神戸、名古屋の各地を回り、11月に入ったところで3度目の都内ライヴである。この日の客席は90%以上が男性。
前半のセットはすべて新作収録曲。曲間のMCは奨学金の完済と幼稚園受験&面接が話題。後半のセットも新作のレパートリーでスタート。途中「気分を変えたい」関口の提案でスタンダードの「Beautiful Friendship」。イントロはベースで始まったが、後半はピアノとドラムのバース・チェンジをフィーチャー。続いてクリスマス・ミニ・アルバム収録のオリジナル「Snowing Town」を経て、アルバム表題曲で締めくくる。アンコールはスタンダードの「枯葉」。短く仕上げ、そのまま前作収録のオリジナルの「はじまりの秋」で無事終了。来週の後半は故郷の札幌で演奏する。

外山安樹子(p) 関口宗之(b) 秋葉正樹(ds)
1st set:
1.It Would Be Opened to You
2.Harutooshi(春遠し)
3.Dear Old Stockholm
4.To the End of the Earth
5.Sky Above Dazzling Ocean (SADO)
6.A Night in Tunisia
a0107397_16035736.jpg
2nd set:
7.The Time Begins to Walk
8.Mystic Cathedral
9.Beautiful Friendship
10.Snowing Town
11.Toward the 11th
Encore:
12.Autumn Leaves-はじまりの秋
a0107397_16155643.jpg
a0107397_06351859.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2018-11-03 04:11 | 外山安樹子

外山安樹子『Toward the 11th』リリース記念ライブツアーのお知らせ

a0107397_07015047.jpg
a0107397_07014340.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2018-09-14 04:11 | 外山安樹子

2018.09.12 Akiko Toyama Trio『Toward the 11th』リリース記念ライブ@JZ Brat

a0107397_07202605.jpg
外山安樹子の新作『Toward the 11th』発売記念ツアー初日。トリオがこの店に出演するのは、2016年4月以来2年5ヶ月ぶり。会場は超満員。今回のアルバムはスタジオ録音とライヴ録音の2枚組。同じメンバーで続けてきたトリオ活動10年を振り返って、途中で思い深いエピソードやメンバーの苦労話も紹介。終始、暖かい雰囲気に包まれて無事終了。

外山安樹子(p)関口宗之(b)秋葉正樹(ds)
1st set:
1.It Would Be Opened to You
2.Harutooshi(春遠し)
3.The Time Begins to Walk
4.Hidden Currents
5.Sky Above Dazzling Ocean(SADO)
6.A Night in Tunisia
2nd set:
7.Dear Old Stockholm
8.Mystic Cathedral
9.Speak Low
10.Bassi Samba
11.Song Without Words
12.Toward the 11th
Encore:
13.はじまりの秋(solo)-Spiring Lake
a0107397_07202407.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2018-09-13 04:11 | 外山安樹子

2018.6.10 Akiko Toyama Trio @ Tokyo TUC

a0107397_05484518.jpg
 ピアニストの外山安樹子が、自己のトリオでの活動10周年を記念して、TOKYO TUCにおいて初のライヴ・レコーディングを行った。録音を目的としたライヴのため、一晩に同じ曲を2回演奏する場合があると事前の告知はあったが、結局、録り直した曲はなく2ステージすべて異なる楽曲で構成された。初期のオリジナルや、オリジナルのピアノ・ソロ、外山が編曲したスタンダード・ナンバーを中心に、熱演を披露した。
 ライヴに先立つ5月8日、9日、外山はこの同じトリオで群馬・前橋の「夢スタジオ」でスタジオ・レコーディングを行った。次作はトリオの10周年記念のスタジオ&ライヴの豪華2枚組として2018年9月に発表される。レコ発ライヴは2018年9月12日の渋谷「JZ Brat」を皮切りに、全国で展開される予定。
a0107397_06261757.jpg
a0107397_05484275.jpg
外山安樹子(p) 関口宗之(b) 秋葉正樹(ds)
1st set:
1.Spring Lake(Akiko Toyama)
2.I Wish I Knew(Mack Gordon-Harry Warren)
3.Nostalgia(Akiko Toyama)
4.Flame in Flame(Akiko Toyama)
5.誰もいなくならない Nobody Goes Away(Akiko Toyama)
6.A Night in Tunisia(Dizzy Gillespie-Frank Paparelli)
2nd set:
7.Under the Lirac Tree (p solo)(Akiko Toyama)
8.Tres Trick(TONGARI) (p solo)(Akiko Toyama)
9.May Journey(Akiko Toyama)
10.You Don't Know What Love Is (Don Raye-Gene DePaul)
11.Ballad of the Sad Young Men (Fran Landesman-Tommy Wolf)
12.Bassi Samba(Akiko Toyama)
Encore:
13.Take Five(Dave Brubeck)
a0107397_06261324.jpg


[PR]
by makotogotoh | 2018-06-11 04:11 | 外山安樹子

2017.12.07 外山安樹子トリオ新作CD『スノーイング・タウン』発売記念ライヴ@六本木サテンドール

a0107397_18225264.jpg
11月に発売された外山安樹子トリオのクリスマス・アルバム『スノーイング・タウン』の発売記念ライヴがあるというので、六本木サテンドールへ。新作は6曲入りのミニ・アルバム。この日は、2セットとも新作収録のクリスマス・ソングと彼女の自作曲と含む構成。後半のセットは、この日限りのお楽しみコーナーからスタート。トナカイとサンタの格好に扮したトリオのメンバーがステージに登場。トーン・チャイムで外山のオリジナルWarm Snowを合奏し、クリスマス気分を盛り上げる。続いて今年の梅雨明けの日に書いた新曲も披露、この日サテンドールに集まった大勢の外山ファンを大いに魅了した。
a0107397_18233631.jpg
1st set:
1.赤鼻のトナカイ
2.The Christmas Waltz
3.For the Beginning
4.Caravan
5.Snowing Town
6.White Snow Samba
a0107397_18221945.jpg
2nd set:
7.Warm Snow
8.Let It Snow
9.Ambition
10.Open to You(仮)
11.オー・タンデンバウム(もみの木)
12.クリスマスは我が家で
13.To the End of the Earth
Encore:
14.Spring Lake
a0107397_18212458.jpg


[PR]
by makotogotoh | 2017-12-08 04:11 | 外山安樹子

Snowing Town/Akiko Toyama Trio plays Christmas Songs

a0107397_08451329.jpg
朝晩の冷え込みが続く。昨日は西日本の各地で初雪が降った。今年の寒さもいよいよ本格化しそうだ。そんな中、今年で結成10周年を迎えた外山安樹子トリオの新作『スノーイング・タウン』が届いた。ちなみに発売は2017年11月9日、録音は2015年11月25日、前作『Tres Trick』の翌日に行われている。メンバーは関口宗之(b)、秋葉正樹(ds)というレギュラー・トリオ。全6曲、約25分収録のミニ・アルバムである。ただし今回、楽しみにしていた外山自身による解説はついていないので、印象をここにメモしておこう。

赤鼻のトナカイ:秋葉の打ち出す3連リズムをバックに、ピアノとベースが軽快にスイングするミディアムのナンバーだ。ソロはピアノ1コーラス、ベース半コーラス。サビからラスト・テーマ、ヴァンブのエンディングもスリリングだ。この季節の街の華やかさ、キラキラした感じがよく出ている。
クリスマス・ワルツ:イントロなし。ゆったりとした6/8、テーマはA(8)-A(8)-B(6)の22小節。ソロはピアノ、ベースの順で各1コーラス。ベース・ソロのバックでのピアノにも注目したい。
オー・タンデンバウム(もみの木):美しいバラードの名演だ。テーマに続くピアノ・ソロの美しさに、思わず息を止めてしまう。続くベースのソロも優しい。そしてラストの盛り上がり方も、このトリオらしい一体感である。

レット・イット・スノウ:後半の折り返し。リズムはイン2(サビのみ4ビート)のスインガー。ソロから4ビートでピアノが1コーラス。続いてベース&ドラムの4小節交換で1コーラス。この関口&秋葉の会話も楽しい。
スノーイング・タウン:外山のオリジナル。切ないメロディをベース、続いてピアノが取る。ピアノのパートからは、雪に包まれた札幌の情景が思い浮かぶ。サビの前半、ザクザクとしたリズムも降り積もる雪を描写しているようだ。ソロはベースが先発、続くピアノも繊細で聴く者の心を暖かくしてくれる。エンディングでの弓ベース&ピアノとの絡みには胸が熱くなる。アルバム・タイトルにふさわしい名演である。
クリスマスを我が家で:イントロ8小節の後、テーマはリズムイン2。ソロはピアノが先発。最初はイン2、2コーラス目から4ビート。2コーラス目からの畳み掛ける展開が見事。続いてベース・ソロで1コーラス。アルバム最後を締めくくるにふさわしいスインガーだ。

ジャケットの裏には、切手の目打ちを施した3人の写真、そして消印を模したと思われる模様が印刷されている。そういえば毎年、12月に入ると海外に住む友人や知人からMerry Christmas & Happy New Yearと記された挨拶状が届く。「クリスマスのBGMでありながら、ライヴ感もあるものに仕上がった」このアルバムは、外山トリオから届いたグリーティング・カードなのだろう。

[PR]
by makotogotoh | 2017-12-06 04:11 | 外山安樹子

2017.09.01 外山安樹子デビュー10周年記念ライブ@Tokyo TUC

a0107397_07132851.jpg
 ピアニスト&作曲家の外山安樹子がアルバム・デビューして今年で10年を迎えた。それを記念したライヴが行われるというので今週二度目のTokyo TUCへ。1976年6月札幌生まれの外山が、ベースの関口宗之と組んで、最初のアルバム『Lilac Songbook』をリリースしたのが2007年。彼女がジャズに目覚めたのは大学に入ってからと遅かったが、ピアノは3歳から、作曲と楽理は6歳からずっと学んできた。もともとクラシック畑で内外のコンサートに出演し、1993年にはフランスでの国境なき医師団のチャリティ・コンサートに参加。フランス国立放送管弦楽団と共演し、その模様はテレビ放映された。他にも札幌交響楽団や大阪ニューフィルハーモニーとの共演歴も持つ。
 この日は長年率いるレギュラーの関口宗之(b)、秋葉正樹(ds)のトリオに、ゲストとして歌手の中溝ひろみが加わるスペシャルな構成。中溝は、外山の楽曲に歌詞をつけたり、スキャットで歌ったりすることで、インストゥルメンタルとは違う別の世界を提示した。外山の楽曲は、聴く者の心を浄化したり、情景を浮かび上がらせたり、元気を呼び覚またりする、力強いメロディが特徴。もともとピアノで書かれているので音域も広く、旋律の動きや跳躍が歌手に厳しい曲もある。そこをあえて挑んだ中溝のチャレンジ精神にも敬意を表したい。
a0107397_07131729.jpg
外山安樹子(p)関口宗之(b)秋葉正樹(ds)中溝ひろみ(vo)
1st set:
1.Under the Lilac Tree
2.Flame in Flame
3.May Journey (with 中溝ひろみ)
4.Tea for Two (with 中溝ひろみ)
5.Nobody Goes Away
6.Sukiyaki(aka 上を向いて歩こう)(with 中溝ひろみ)
7.Não Espere Amanhecer
a0107397_07133378.jpg
2nd set:
8.Spear or Shield (with 中溝ひろみ)
9.Miff's Walk
10.Smile(Chaplin) (with 中溝ひろみ)
11.My Favorite Thing (with 中溝ひろみ)
12.Warm Snow
13.Springlake (with 中溝ひろみ)
14.Tres Trick
Encore:
15.Nostalgia(aka ラベンダーの丘)piano solo
16.Take Five
a0107397_06562458.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2017-09-02 04:11 | 外山安樹子

2016.04.18 外山安樹子トリオ5thアルバム発売記念 @ Jz Brat

a0107397_7301170.jpg
渋谷のJz Bratで、外山安樹子の新作『Tres Trick』のレコ発記念ライヴ。客席は熱心な男性ファン、おじさまおばさまを中心にほぼ満席。男性ファンが多いのは女性ピアニストの常だが、同世代以上の女性ファンからも愛されているのも、外山の特徴かもしれない。ライナーを執筆された瀬川昌久先生とも会い、久しぶりに歓談できた。
さて外山トリオは最新作の『Tres Trick』から全曲を演奏。前橋の夢スタジオで録音された新作は、これまでのアルバムよりも、3つの楽器の分離がクリアになった。ドラムの秋葉はシンバルのセッティングが低い。2曲目の循環「Back the Bop」では、スネアの上でブラシを転がす妙技も披露した。ドラムが刻む躍動感と鼓動。ベースとピアノのユニオンで奏でられる印象的なメロディの連続。明らかに何かが変わった外山トリオ。今年は大きな飛躍を遂げる1年になるだろう。
1st set:
1.Spear or Shield
2.Back the Bop
3.Snow of March
4.Nao Espere Amanhecer
5.Cinema Paradiso
6.Tres Trick(TONGARI)

2nd set:
7.When October Goes(solo)/When Autumn Goes
8.Caravan
9.はじまりの歌
10.Bye Bye Blackbird
11.Warm Snow
12.To the End of the Earth
Encore:
13.Spring Lake
[PR]
by makotogotoh | 2016-04-19 04:11 | 外山安樹子

Tres Trick/ Akiko Toyama Trio

a0107397_1051159.jpg
a0107397_1053562.jpg

a0107397_10531256.jpg

[PR]
by makotogotoh | 2016-04-09 04:11 | 外山安樹子

2014.6.12 Akiko Toyama Trio @ Salt Peanuts

a0107397_6211428.jpg
江古田の「そるとぴーなつ」にて、外山安樹子トリオのバースデイ・ライヴ。都内のライヴとしては3ヶ月ぶり。店のピアノはかなりの年代モノで、最初その音にびっくりしたが、次第に耳が慣れていく。関口宗之と秋葉正樹のレギュラー・トリオで、これまで3枚のアルバムをリリース。メロディの美しい曲ではベースが光り、速いテンポや変拍子の曲ではドラムの切れ味が冴える。年を重ねてもこのメンバーでずっと演奏していきたい、という外山。聴く者に生きる勇気を与えてくれる自作曲から、ジャズとの出会いとなったチック・コリアの「The Loop」、さらにはこの日できあがったばかりの新曲(タイトル未定)も披露。温かい拍手を送る聴衆に囲まれながら、38回目の誕生日を祝福した。6月23日から25日にかけて大阪、名古屋、浜松でのツアーが予定されている。
1st set:
1.Water Iris
2.Bemsha Swing(Monk)
3.Rainy Garden
4.The Loop(Chick Corea)
5.Untitled New Tune
a0107397_6211666.jpg
2nd set:
6.It's a Blue World
7.Ambition
8.誰もいなくならない
9.Yesterdays
10.From the Beginning
11.Frame in Frame
Encore:
12.May Journey

[PR]
by makotogotoh | 2014-06-13 04:11 | 外山安樹子