<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2018.1.26 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_18232363.jpg
典型的な南岸低気圧の影響で、東京は4年ぶりの大雪である。今年最初のプレミアム・フライデーは店の中でも外の寒さが感じられる。この日のメンバーは、赤シャツが印象的な井川晃と、おなじみ佐々木悌二という顔ぶれ。昨年暮れ、3年かけて完成させたシグネチャー・モデルを持参した岡安。最初のセットは寒さ払いということで「Summertime」「Wave」と夏ゆかりのナンバーで静かにスタート。マット・デニスのバラードを経たあたりで、ようやく温まってきたようで、ブルースの後はウエス・モンゴメリーの名盤から2曲。親指を使ったオクターブ奏法で。エリントン・ナンバーと、再びウエスゆかりのナンバーで最初のセットを終了。後半のセットは、新年の挨拶で遅れてやってきた常連も加わって満席に。ドラムの井川を大きくフィーチャー。演奏中は真剣な眼差し、休憩中はスマイルが素敵な井川はジョー・ジョーンズ張りのブラシ転がしや、素手のプレイも披露、緩急自在のステージで大いに盛り上げた。
a0107397_18235698.jpg
岡安芳明(g)佐々木悌二(b)井川晃(ds)
1st set:
1.Summertime
2.Wave
3.Everything Happens to Me
4.Soft Winds
5.Gone with the Wind
6.Polka Dots and Moombeams
7.Don't Get Around Much Anymore
8.Road Song-Four on Six(theme)
a0107397_18233965.jpg
2nd set:
9.Take the A Train
10.There Will Never Me Another You
11.If I Had You
12.I'll Close My Eyes
13.Like Someone in Love(solo)-Mood Indigo
14.Cotton Tail
15.Satin Doll
16.Au Privave -Bye Bye Blackbird(theme)
a0107397_05400550.jpg
a0107397_18241223.jpg


[PR]
by makotogotoh | 2018-01-27 04:11 | 岡安芳明

訃報 Hugh Masekera

a0107397_05171446.jpg
人種隔離政策と闘った南アフリカのトランペット奏者、ヒュー・マセケラが2018年1月23日、前立腺がんのためヨハネスブルグにて死去した。76歳。1939年4月4日南アフリカのウィットバンク生まれ。


[PR]
by makotogotoh | 2018-01-24 04:11 | 訃報

訃報 Marlene Ver Planck

a0107397_05332216.png
トロンボーン奏者&編曲者として知られるビリー・ヴァー・プランク(1930-2009)の妻で、歌手のマーリン・ヴァー・プランクが2018年1月14日死去した。84歳。
1933年11月11日ニュージャージー州ニューアーク生まれ。
[PR]
by makotogotoh | 2018-01-23 04:11 | 訃報

訃報 Bill Hughes

a0107397_15590232.jpg
長年カウント・ベイシー楽団で活躍したことで知られるトロンボーン奏者のビル・ヒューズが2018年1月14日死去した。87歳。
1953年にベイシー楽団に参加、2004年から2010年までリーダーとしてバンドを率いた。1930年3月28日テキサス州ダラス生まれ。


[PR]
by makotogotoh | 2018-01-23 04:11 | 訃報

JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第61回)

a0107397_08530044.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその61回目。この日寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
190.Positive Intensity/Tommy Flanagan(CBS Sony)より全12曲。
191.The Main Man/Jo Jones(Pablo)より全6曲。
192.Eclypso/Tommy Flanagan(Enja)より「Oleo」1曲。


[PR]
by makotogotoh | 2018-01-14 04:11 | ジャズ講座

2017.1.7 Bill Charlap Trio @ Cotton Club

Dennis Frehse and K.W.
a0107397_04193547.jpg
1st set:
1.Dance Only with Me(Jule Styne)-Dream Dancing(Cole Porter)
2.I Didn't Know What Time It Was(Rodgers-Hart)
3.Simplicity(Al McKibbon)
4.Too Late Now(Burton Lane)
5.An Affair to Rememberr(Harry Warren)
6.How About You(Burton Lane-Ralph Freed)
7.The Duke(Dave Brubeck)
8.Pray-Loot(Lucky Thompson)
9.Polka Dots and Moombeams(Jimmy Van Heusen-Johnny Burke)
10.Woody N' You(Dizzy Gillepise)
Encore:
11.Body and Soul(Johnny Green)
a0107397_04373695.jpg
2nd set:
1.I'll Remember April(Don Raye-Gene DePaul)
2.All Through the Night(Cole Porter)
3.Roundabout(Vernon Duke)
4.Godchild(George Wallington, arr Gerry Mulligan)
5.Rocker(Gerry Mulligan)
6.What Are You Doing the Rest of Life(Michel LeGrand-Alan & Marilyn Bergman)
7.Make Me Rainbows(John Williams-Alan & Marilyn Bergman)
8.It's Love(Leonard Bernstein-Betty Comden-Adolf Green)
9.Glitter and Be Gay(Leonard Bernstein)
10.Jump(Leonard Bernstein-Stephen Sondheim)
11.Somewhere(Leonard Bernstein-Stephen Sondheim)
12.Cool(Leonard Bernstein-Stephen Sondheim)


[PR]
by makotogotoh | 2018-01-08 04:11 | Bill Charlap

Kenny Washington at Yamano Music

a0107397_06572140.jpg
a0107397_06572426.jpg
a0107397_06572622.jpg
2006年11月、スパイスオブライフから発売されたホッド・オブライエンの『センチになって』。発売から10年以上経過した今でも店頭でかけると、新しいリスナーが興味をもって、よく買ってくれるという、銀座山野楽器の神尾孝弥さん。この店のロングセラー・アルバムに、偶然来店したKWが記念のサインを。ディスクは店頭で演奏中のため、トレイにヴィーナス盤が入っているのはご愛嬌。


[PR]
by makotogotoh | 2018-01-07 04:11

2018.1.5 Bill Charlap Trio @ Cotton Club

Masahiko Osaka, KW, Toru Takahashi(from left to right)
a0107397_06070818.jpg
Bill Charlap(p) Peter Washington(b) Kenny Washington(ds)
1st set:
1.Godchild(George Wallington)
2.The Best Thing for You(Irving Berlin)
3.Too Late Now(Burton Lane)
4.An AfFair to Remember(Harry Warren)
5.Who Cares(George Gershwin-Ira Gershwin)
6.Lucky to Be Me(Leonard Bernstein)
7.A Sleeping Bee(Harold Arlen-Truman Capote)
8.Over the Rainbow(Harold Arlen)
9.By Myself(Arthur Schwartz -Howard Dietz)
10.Groovin' High(Dizzy Gillespie)
Encore:
11.Stardust (Hoagy Carmichael)
12.Passport (Charlie Parker)

2nd set:
1.'S Wonderful (George Gershwin)
2.Where Have You Been (Cole Porter)
3.Summer in Central Park (Horace Silver)
4.What Are You Doing the Rest of Life (Michel LeGrand-Alan Bergman)
5.Nobody's Heart Belongs to Me(Rodgers-Hart)
6.Simpicity (Al McKibbon)
7.Some Other Time(Leonard Bernstein-Betty Comden-Adolf Green)
8.Not a Care in the World(Vernon Duke-John La Touche)
9.In the Still of the Night(Cole Porter)
10.Stay Right with It (Barry Harris)
 ※この曲はBarryのOriginalだが、元ネタはSavoyのCharlie Parkerで、Buzzy(takeA)のソロ(20~25秒)である。
Encore:
11.It's Only a Paper Moon(Harold Arlen-Yip Harburg-Bill Rose)

[PR]
by makotogotoh | 2018-01-06 04:11 | Bill Charlap

2018.1.4. Bill Charlap Trio @ Cotton Club


a0107397_06264791.jpg
 今年のライヴ初めは、結成20周年を迎えたビル・チャーラップ・トリオ。2016年夏以来、1年半ぶりの来日するというのでコットンクラブへ。
昨年、発表した『Uptown, Downtown』(Impulse)が、グラミー賞「Best Jazz Instrumental Album」にノミネートされた。発表は1月下旬だが、他のノミネート作品は以下の通り。
• Rebirth/Billy Childs(Mack Avenue)
• Project Freedom/ Joey DeFrancesco & The People(Mack Avenue)
• Open Book/ Fred Hersch(Palmetto)
• The Dreamer Is The Dream/ Chris Potter(ECM)
 
 最初のセットは、ステージに登場後に、ベース奏者が譜面を楽屋に忘れたことに気づき、再び戻るというハプニングでスタート。チャーラップは機転をきかせて「パリの四月」のソロで始まり、ベース奏者が戻ってきたところで「四月の思い出」とメドレーで演奏。その後はミディアム、バラード、アップとメリハリのついた構成。どの曲もしっかりアレンジされ、テーマ⇒ピアノ・ソロ⇒テーマという短いヴァージョン、ベースの長いソロや、セカンド・リフをはさんでドラムとのバース・チェンジをフィーチャーする展開もあり、これらがすべてアイ・コンタクトだけで進行していく、さすが20年の共演歴を誇るレギュラー・バンドの醍醐味である。Polka Dots and MoombeamsはFreddie Cole(vo)の愛唱曲、ラストのRockerはGerry MulliganがLeroy Andersonの「Sleigh Ride」をヒントに書いたという。後半のセットはコール・ポーターからスタート。Lucky Thompsonのブルース、Alec WilderのIt’s Peaceful in the Countryといった思い入れのある楽曲が並んだ。1月7日まで。

Bill Charlap(p)Peter Washington(b)Kenny Washington(ds)
1st set:
1.April in Paris(solo)-I'l Remember April(trio)
2.I Didn't Know What Time It Was(Rodgers-Hart)
3.It's Love(Leonard Bernstein)
4.Polka Dots and Moonbeams(Jimmy Van Heusen)
5.How about You(Burton Lane-Ralph Freed)
6.The Duke(Dave Brubeck)
7.My Shining Hour(Harold Arlen)
8.Between the Devil and the Deep Blue Sea(solo piano)-Godchild(George Wallington)
9.Rocker(Gerry Mulligan)
Encore:
10.Body and Soul(Johnny Green)

2nd set:
1.Dream Dancing(Cole Porter)
2.Make Me Rainbows(John Williams-Alan & Marylyn Bergman)
3.All throught the Night(Cole Porter)
4.Glitter and Be Gay(Leonard Bernstein)
5.Prey-Loot(Lucky Thompson)
6.One Morning in May(Hoagy Carmichael)
7.It's Peaceful in the Country(Alec Wilder)
8.Put on a Happy Face(Lee Adams- Charles Strous)
9.Woody 'n You(Dizzy Gillespie)
Encore:
10.My Funny Valentine(Rodgers-Hart)

[PR]
by makotogotoh | 2018-01-05 04:11 | Bill Charlap