<   2018年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2018.12.28. 2018 Final Live @ Tokyo TUC

a0107397_11273177.jpg
 1993年の開店から、四半世紀に渡り日本のジャズ・シーンを支えてきたTOKYO TUCが、諸般の事情で年内で閉店することになった。ここ数年、年末恒例のライヴはドラムの大坂昌彦をリーダーとしたセッションで、今年も大坂と同世代の仲間で構成されたセクステットが登場した。メンバーのうち、最年長がアルト・サックスの多田(1960年生まれ)、続いてテナーの岡(1963年生まれ)、ピアノの椎名とベースの井上(1964年生まれ)、そしてリーダーの大坂(1966年生まれ)と続く。最年少はトランペットの岡崎(1971年生まれ)である。客席は大坂のファン、TUCをデビュー当時からホームグラウンドとして活動してきた椎名のファンを中心に、同世代の女性が多い。客席は超満員だが、会場の雰囲気は落ち着いている。
 大坂がこの日のために書き下ろしたオリジナル・ブルースでスタート。TUCとはTokyo Uniform Centerの頭文字だが、The Upper Classを引っ掛けている。全員たっぷりソロを回し、ウォーミング・アップという感じだが、ベースの井上が次々とネタを振るので、大坂も笑顔でそれに呼応する。彼らは、90年代当初、大手レコード会社からデビューする機会に恵まれた。当時キングレコードが宣伝していた「日本ジャズ維新」のキャンペーンの一環として、メディアでも多く取り上げられ、デビュー作を次々と発表していった。「いい時代だった」と大坂がMCで振り返る。
 続いての曲はDuke Pearsonの「Jeannie」。キャノンボール・アダレイ、ドナルド・バードのレパートリーということで、当時「目黒熱情派」と言われたアルトの多田が朗々と歌いあげる。トランペットの岡崎は、ドナルド・バードの派手さより、ケニー・ドーハムのクールネスを感じさせる。3曲目は岡崎が抜け、テナーの岡が加わりJoe Hendersonの「Recorda Me」。2管が抜け、今度は岡崎のワン・ホーン・カルテットで「Like Someone in Love」。こちらも完全ドーハム直系のバラード・プレイで会場を魅了する。最初のセット最後の曲は、ジャズ・メッセンジャーズの音楽監督として活躍、80年代末に再注目を集めたBobby Watsonのオリジナル。ピアノの椎名がエネルギッシュなソロで大いに盛り上げる。
 後半のセットは、岡崎+岡の2管でBenny Golsonの名曲でスタート。続いて岡のワン・ホーンでCharlie Parkerの「Confirmation」。岡のスタイルはビバップ直系ではないが、安定感とうまさを感じさせるプレイだ。続いて多田のワン・ホーンでIf I Should Lose You。キャノンボール張りの艶っぽい音色と歌心が魅力。最後はモンクのオリジナルで循環。管楽器のソロでは、残り2管のリフが入る熱演で無事終了。アンコールはニューオリンズ・リズムのブルース。かつて原朋直(tp)と双頭クインテットを率いていた大坂。その時、ここTUCでNicolas Paytonのクインテットとのダブル・ビルで出演、NHKFMで中継された夜を思い出させた。
 大坂が最後のメンバー紹介、拍手のなか、多田と岡崎が手をあげ客席に応える。会場の照明が明るくなり、場内にFrank Sinatraの「New York, New York」が流れる。どのお客さんも名残惜しそうに会場を後にするなか、ピアノ奥の、客席から見えない位置に小さな写真が置いてあるのを見つけた。若き日の田中さんは、ピアノの近くでステージでしっかりと見守っていた。「ステージに上がる時に普段着はだめ。ジャズ・ミュージシャンはもっと、おしゃれじゃないといけない」というのが、田中さんの口癖だった。田中さんの教えを守ったメンバーたちは、この日もちゃんとドレスアップしていた。
※この日が最後の公演と思っていたが、2018年12月30日に宮嶋みぎわのライヴが入っていた。
【限定ライブ】Thank you TOKYO TUC ‑ special concert with Miggy and friends。

岡崎好朗(tp)多田誠司(as)岡 淳(ts)椎名 豊(p)井上陽介(b)大坂昌彦(ds)
a0107397_11311452.jpg
1st set:
1.When We Leave The Upper Class(Masahiko Osaka)全員
2.Jeannie (Duke Pearson)岡崎好朗(tp)多田誠司(as)+リズム
3.Recorda Me (Joe Henderson)多田誠司(as)岡 淳(ts)+リズム
4.Like Someone in Love(Jimmy Van Heusen)岡崎好朗(tp)+リズム
5.In Case You Missed It (Bobby Watson)全員
a0107397_11310042.jpg
2nd set:
6.Whisper Not(Benny Golson)岡崎好朗(tp)岡 淳(ts)+リズム
7.Confirmation(Charlie Parker)岡 淳(ts)+リズム
8.If I Should Lose You 多田誠司(as)+リズム
9.Rhythm-A-ning(Thelonious Monk)全員
Encore:
10.Whoopin' Blues(traditional)全員
a0107397_11311715.jpg
 TOKYO TUCはレギュラー・バンドの演奏よりも、他店では聴かれない、さまざまな組み合わせや企画を打ち出してきた。オールアートプロモーションが招聘した富士通コンコードジャズフェスティバルなどの興行、野々市のビッグ・アップル・プロジェクトなど、あくまでも音楽を優先し、リーズナブルなチャージと、きめ細やかなサポートで、長年この店を支えてきた井澤大太、細井寿彦の両氏をはじめ、スタッフ全員に感謝の意を表明したいと思う。

by makotogotoh | 2018-12-29 04:11

2018.12.19 Yoshiaki Okayasu & Sadanori Nakamure @ SoulTrane

a0107397_21061523.jpg
 今年最後の岡安ライヴは、2016年に待望の共演アルバムを出した日本ジャズ界のリジェンド、中牟礼貞則とのデュオ。久しぶりの再会かと思いきや、2人は12月7日、成田市文化芸術センターで開催されたBayfm主催の Xmas JAZZ LIVE IN NARITA のイベントでも共演したばかり。この日、最初のセットは岡安のソロからスタート。5曲目から中牟礼も加わってギター・デュオで3曲。後半のセットはモンクのブルースでスタート。続いて客席にいたヴォーカルの吹上綾も加わり2曲を歌う。その後は再びギター・デュオに戻ってスタンダードを3曲。アンコールは名曲「枯葉」で無事終了。

岡安芳明(g)中牟礼貞則(g)
1st set:
1.Ghost of a Chance-Lotus Blossom(Okayasu Solo)
2.God Bless the Child(Okayasu Solo)
3.Just a Sittin' and Rockin'(Okayasu Solo)
4.Autumn in New York(Okayasu Solo)
5.Alone Together
6.In a Sentimental Mood
7.It Could Happen to You
a0107397_21031690.jpg
2nd set
8.Blue Monk
9.All the Things You Are
10.Polka Dots and Moonbeams with 吹上綾(vo)
11.I Remember You with 吹上綾(vo)
12.In a Mellow Tone
13.The Shadow of Your Smile
14.Take the A Train
Encore:
15.Autumn Leaves
a0107397_21080403.jpg
a0107397_21032060.jpg

by makotogotoh | 2018-12-20 04:11 | 岡安芳明

訃報 John Williams

a0107397_08502937.jpg
50年代初頭からスタン・ゲッツのクインテットなどで活躍、エマーシーに2枚のリーダー作を残したピアニストのジョン・ウィリアムスが2018年12月15日死去した。89歳。1929年1月28日ヴァーモント州ウィンザー生まれ。50年代末にフロリダに移住するが、次第に演奏活動から遠ざかり、1971年から91年まで公務員、銀行の顧客向けサービス部門に従事。時折地元のクラブでピアノを弾いた。1994年に38年ぶりの復帰作『ウエルカム・バック』をフロリダで録音。2000年にM&Iから発売された。




by makotogotoh | 2018-12-16 04:11 | 訃報

訃報 Nancy Wilson

a0107397_05062067.jpg
歌手のナンシー・ウィルソンが2018年12月13日カリフォルニア州パイオニアタウンにて死去した。81歳。1937年2月20日オハイオ州チリコシー生まれ。2011年に引退していた。


by makotogotoh | 2018-12-15 04:11 | 訃報

The Walker's Vol.55

a0107397_05432433.jpg
2018年12月9日、【Vol.19】から有料化された『The Walker's』の Vol.55が発行された。表紙はIlaria Capablo、巻頭特集は現代版ジャズ・ミュージシャン3つの願い【Part 4】。ジャズ・スーパー列伝はチャーリー・クリスチャン。ディスクレビューはセシル・マクロリン・サルヴァント、クリスチャン・スコット、纐纈歩美、ザ・リアル・グループ、ジェブ・パットンなど国内新譜・再発・輸入盤も含まれる。インタビューはシンディ・ブラックマン・サンタナ。ベースマン列伝はジム・ヒューアート。注目のベースマンとしてパオロ・ベネディティーニ、マガリ・ダッチラ紹介記事も掲載。今後もジャズの魂を揺さぶるマガジンとしての存続を期待したい。
by makotogotoh | 2018-12-12 04:11 | The Walker's

JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第72回)

a0107397_08530044.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその72回目。この日寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
222.The Standard / Super Jazz Trio (Baystate)より「Angel Eyes」「Straight No Chaserの2曲。
224. The Master / Pepper Adams (Muse)より全6曲。
226. De Lawd's Blues / Billy Mitchell (Xanadu) より「B&B」「Not Just to Be in Love Again」の2曲。

by makotogotoh | 2018-12-09 04:11 | ジャズ講座

2018.12.4. KBS Trio @ Shinjuku Tsunohazu Hall

a0107397_07184425.jpg
a0107397_07284265.jpg
 ベースの金子健をリーダーとするKBSTrioのCD『Delight』発売記念ツアー。アルバム発売は2015年5月20日。このツアー実現まで、3年の歳月を要した。
今回のツアーは全部で7公演。11月29日の昼間にリハーサルを行い、翌日から青森、静岡(袋井、裾野)と回って、中日を迎えた。
 木枯らし一番も吹かず師走、この日は12月とは思えない季節外れの夏日。新宿の角筈区民ホールは都庁や西口中央公演の近くに位置し、クラシックでも使われる本格派のコンサートホール。KBSTrioはドラムレスなので、ベース、ピアノ、ギターひとつひとつの楽器の音がよく響き、ホール特有の余韻も美しい。
 MCはリーダーの金子健。ステージは途中休憩なしの約90分。メロディの美しいスタンダード、知られざるオリジナルの銘曲を取り上げるのがこのトリオの特徴。テーマを取る楽器も曲によってベース、ピアノ、ギターと変わり、互いの演奏に耳を傾けながら、楽器間のチェイスや、各人のソロで場面を作っていく。ミディアムや速いテンポの曲でも強烈にスイングするが、スペースたっぷりのバラードも素晴らしい。とりわけ終盤の「Deep In a Dream」のベースの弓弾き、アンコールでのpiano soloが秀逸。終演後は、大勢のファンとサイン会で交歓。大いに盛り上がって無事終了。
a0107397_07195123.jpg
a0107397_07252868.jpg
Ken Kaneko(b) Benny Green(p) Satoshi Inoue(g)
Set List:
1. Tadd's Delight
2. Soul Eyes
3. Poor Butterfly
4. Cool Struttin'
5. Tricrotism
6. Night Mist Blues
7. Remember
8. Deep in a Dream
9. All God's Chillun Got Rhythm
Encore:
10. Here's That Rainy Day(p solo)
11. Cotton Tail
a0107397_07221614.jpg

by makotogotoh | 2018-12-05 04:11 | Benny Green

訃報 Perry Robinson

a0107397_08053597.jpg
作曲家アール・ロビンソンの息子で、60年代にサヴォイやESPにリーダー作を録音したことでも知られるクラリネット奏者のペリー・ロビンソンが、2018年12月2日死去した。80歳。1938年9月17日ニューヨーク生まれ。


by makotogotoh | 2018-12-03 04:11 | 訃報