JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第70回)

a0107397_08530044.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその70回目。この日寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
218.Communications:Live at Fat Tuesday's Vol.1(PaddleWheel)より全5曲。
219.Communications:Live at Fat Tuesday's Vol.2(PaddleWheel)より全5曲。
220.The Free Will / Bennie Wallace(Enja)より全6曲。

[PR]
# by makotogotoh | 2018-10-14 04:11 | ジャズ講座

訃報 Hamiet Bluiett

a0107397_00420674.png
ワールド・サキソフォン・カルテットの設立メンバーでバリトン・サックス奏者のハミエット・ブルーエットが、2018年10月4日朝ミズーリ州セントルイスの大学病院にて死去した。78歳。1940年9月16日イリノイ州ブルックリン生まれ。


[PR]
# by makotogotoh | 2018-10-10 04:11 | 訃報

「One for Amos」のAmosとは誰?

a0107397_06594826.jpg
 ベース奏者サム・ジョーンズ(1924-81)のオリジナルに「One for Amos」というブルースがある。この曲を”サム・ジョーンズがR&Bのピアニスト、エイモス・ミルバーン(1927-80)に捧げた曲”という人がいるが、明らかな間違いだ。本当のAmosは、Amos A.Kaune(2012年2月4日死去 享年80歳)という、長年ニュージャージーのジャズ・シーンを支えてきた支援者である。Amosは60年代からニュージャージー州で複数のジャズクラブを経営、ジャズという音楽を愛し、ジャズ・ミュージシャンに敬意を表し、多くのミュージシャンからも愛された。サム・ジョーンズとこのAmosは仲がよく、彼に捧げてこのブルースを書いたというのが真実だ。ちなみにピアニストのジャック・ライリーも「Minor Your Own Amos」という曲をAmosに捧げている。また、この曲にはOne for AmosとBlues for Amosという2つのタイトルで知られているが、オリジナルはOne for Amosの方だ。


[PR]
# by makotogotoh | 2018-10-09 04:11