2018.4.25 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_15582761.jpg
今月2度目の岡安トリオ。この日岡安が持参したギターはミッドナイト・ブルー。そういえばシャツもネクタイもブルーでバッチリ揃えている。客席には、ギターの弟子と生徒が多数。岡安のシグネチャー・モデルには3種類あり、そのうちレッドとブルーは、北海道や九州などで着実に広まっている。この日のドラマーは井川晃。演奏中の真剣な眼差しと、演奏後の笑顔が好対照のナイスガイである。岡安のお気に入りとあって、ドラムにもソロを回す場面が多くみられた。最初のセットの1曲目で、ソロを重ねるつもりの俵山に、岡安のギターが入るハプニング。思わず客席から笑いがこぼれる。その後はおなじみのレパートリーが続き、アントニオ・カルロス・ジョビンのメドレーはソロで。後半のセットはギターのソロから始まり、ベースとのデュオ、そして再びトリオに戻るという展開。14年前には病気のため引退も考えたという岡安。やはり仲間と一緒に演奏するのが楽しかったと当時を振り返る。アンコールのWork Songでも井川が熱演。汗だくの熱演を聴かせた。
a0107397_15573660.jpg
岡安芳明(g)俵山昌之(b)井川晃(ds)
1st set:
1.Secret Love
2.In a Mellow Tone
3.Sultry Serenade
4.Old Folks
5.Summertime
6.Funji Mama
7.Jobim Medley:Dindi-Wave-Someone to Light Up My Life(g solo)
8.Love for Sale
a0107397_15561248.jpg
2nd set:
9.My One and Only Love(g solo)
10.I'll Close My Eyes(g solo)
11.Love Letter(g-b duo)
12.Take the A Train
13.It Could Happen to You
14.SteepleChase
15.On the Sunny Side of the Street
16.Samba de Orfeu
17.C Jam Blues
Encore:
18.Work Song
a0107397_15550339.jpg

[PR]
# by makotogotoh | 2018-04-25 04:11 | 岡安芳明

JAZZ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」(第64回)

a0107397_08530044.jpg
大阪のOverSeasでジャズ講座 新「トミー・フラナガンの足跡を辿る」。この日はその64回目。この日寺井さんの解説で聴いた演奏は、以下の通り。
197.I Remember Bebop/Various Artists(Columbia)からStrictly Confidential/Dance of the Infidels/Bouncing with Bud/I'll Keep Loving Youの4曲。
198.They All Played Bebop/Various Artists(Columbia)からSo Sorry Please1曲。
199.Alone Too Long(Denon)から全8曲。
200.Dignified Appearance(Denon)から全4曲。
201.Jivin' with the Refugees from Hasting Street/Eddie Locke(Chiaroscuro)からHit That Jive Jack/Last Call for Alcohol/Laughing in Rhythm/Fish for Supper/Straighten Up and Fly Right/Bring Another Drinkの6曲。

[PR]
# by makotogotoh | 2018-04-15 04:11 | ジャズ講座

訃報 Nathan Davis

a0107397_05345725.jpg
1962年に渡欧し、ケニー・クラークらと共演。1985年から89年にかけてパリ・リユニオン・バンドで活躍したサックス奏者のネイサン・デイヴィスが、2018年4月9日フロリダ州パームビーチの病院で死去した。81歳。1937年2月15日カンザスシティ生まれ。


[PR]
# by makotogotoh | 2018-04-13 04:11 | 訃報