人気ブログランキング |

The Bill Charlap Trio @ Dizzy's Club Coca Colaのお知らせ

a0107397_07075248.jpg

# by makotogotoh | 2019-05-09 04:11 | Bill Charlap

2019.4.26 Mike's Jazz Quartet @ Aketa no Mise

a0107397_20150189.jpg
3月にアルバム『Nostalgia in Times Square』が全国発売されたマイク・レズニコフのカルテットを観るために西荻窪へ。この日の気温は前日から10度もダウン。オープニングはジョージ・ラッセルの「Ezz-thetic」。アップ・テンポの超難曲、イントロで少し乱れたが、その後すぐ回復。疾走感を保持したままドラムとベースの4小節交換でも盛り上がる。2曲目は珍しく関根敏行のピアノと歌、口笛をフィーチャーしたカルロス・リナのボサ・ノヴァ、これはノリノリの演奏。3曲目は大山が抜けて、吉野のベースをフィーチャーしたスタンダードのトリオ演奏。続いてジム・ホールの難曲で、最初のセットを終了。後半のセットは、アルバムのタイトル曲からスタート。その後バド・パウエル、クインシー・ジョーンズの名曲を演奏。最後はマイルス・デイヴィスの演奏で知られるヴィクター・フェルドマンの曲。アンコールはアルバムのラスト・トラックで、最後はメンバー全員でYes I Doの大合唱。4月30日にはNHK「セッション2019」の公開収録あり。5月25日には新宿ピットインでの発売記念ライヴも予定されている。
a0107397_20203034.jpg
マイク・レズニコフ(ds,vo) 大山日出男(as) 関根敏行(p,vo) 吉野弘志(b)
1st set:
1.Ezz-thetic (George Russell)
2.Voce E Eu(You And I) (Carlos Lyra)
3.Where Are You (Jimmy McHugh)
4.Simple Samba (Jim Hall)

2nd set:
5.Nostalgia in Times Square (Charles Mingus)
6.Strictly Confidential (Bud Powell)
7.Quintessence (Quincy Jones)
8.Seven Steps to Heaven (Victor Feldman)
Encore:
9.Yes I Do(Sonny Rolllins-M.Reznikoff)
a0107397_20341290.jpg


# by makotogotoh | 2019-04-27 04:11 | マイク・レズニコフ

2019.4.25 Yoshiaki Okayasu Trio @ SoulTrane

a0107397_20173620.jpg
今年の春は寒暖の差が大きく、この日は蒸し暑い夜。このところしばらくギターやピアノとのデュオが続いていたが、今月は久しぶりにドラム入りのトリオ。岡安、香川、高橋の3人がそろって演奏するのは2017年7月以来、1年9ヶ月ぶり。ツアーやレコーディングでいやというほど一緒にやってきた3人。それでも最初は静かにスタート。2曲目のバラード「Too Late Now」が息を飲む美しさ。3曲目からエンジン全開。4曲目は軽いボサから、徐々に熱くなる展開で、ドラムがマレットでソロを取る。「Love You Madly」ではドラム・ソロに再びスポットを当てる。 後半のセットは「Secret Love」や「Love for Sale」とテーマの長いスタンダードでスタート。「Our Delight」では高橋幹夫のドラムをフィーチャー。久しぶりでも見事なソロで盛り上げた。最後は大ネタのひとつ「Jeannie」で、大いに盛り上がった。アップテンポの曲はダイナミックに、バラードは繊細に。ブランクを感じさせないリユニオンを満喫して無事終了。
a0107397_20285759.jpg
岡安芳明(g) 香川裕史(b) 高橋幹夫(ds)
1st set:
1.As Long As I Live (Harold Arlen-Ted Koehler)
2.Too Late Now (Burton Lane)
3.Sultry Serenade (Tyree Glenn)
4.Love, Your Magic Spell Is Everywhere (Edmund Goulding-Elsie Janis)
5.Ain't Misbehavin' (Fats Waller)
6.Love You Madly (Duke Ellington)
7.Blues in G
2nd set:
8.Secret Love (Sammy Fain-Paul Francis Webster)
9.In My Solitude (Duke Ellington-Eddie DeLange-Irving Mills)
10.Love for Sale (Cole Porter)
11.It Could Happen to You (Jimmy Van Heusen)
12.Our Delight (Tadd Dameron)
13.What am I Here For (Duke Ellington)
14.Jeannie (Duke Pearson)
15.Things Ain't What they Used to Be (Mercer Ellington-Ted Persons)
Encore:
16.Take the A Train (Billy Strayhorn)
a0107397_20224415.jpg
a0107397_20254578.jpg
a0107397_20185167.jpg
a0107397_20305614.jpg

# by makotogotoh | 2019-04-26 04:11 | 岡安芳明