五木寛之の諸作に触発された 大石学、初のソロ・ピアノ作品

a0107397_7133989.jpg大石学は1963年横浜生まれのピアニスト。1997年に米木康志(b)と日野元彦(ds)のトリオで『Tears Rained Down』(メルダック)でデビュー。2001年からはイーストワークスに移籍。これまで7枚のアルバムを出している。8枚目となるこのアルバムは初めてのソロ・ピアノ作品である。
長年、五木寛之を愛読してきたという大石は、このアルバムで、五木寛之の諸作から触発されたオリジナルを4曲収めた。キース・ジャレットに似た雰囲気はあるが、大石の演奏は、キースよりも激情的で、日本的で、そして宗教的だ。喜怒哀楽のなかでも大石は「哀」に焦点を絞り、《苦しみと悲しみの連続である人生》をどう生きるべきか、自身と聴衆に問いを投げかけているようだ。マット・デニスの(4)とガーシュインの(10)も、人生の不条理さと人を求める寂しさ、弱さを歌った名曲。大石は、詞の世界を知り尽くした歌手のように、一音一音に思いをこめて、かみ締めるようにピアノを弾く。《人は生きているだけで価値がある》。大石は五木の小説から受けたメッセージを、ピアニストというフィルターを通して真正面から挑んだようだ。「ひとの死生観」をテーマにした映画のサウンドトラックのように、聴く者ひとりひとりに心象風景を想起させる。2007年9月12日発売。EWSA0133
[PR]
# by makotogotoh | 2007-09-12 23:17

Tardo Hammer 来日情報(追加)


Tardo Hammerからメールが来た。
富士通コンコードジャズフェスティバルで来日することは先にお伝えした通りだが、そちらのスケジュール以外に以下の2公演が実施される。この公演はアニー・ロス(vo)、ウォーレン・ヴァシェ(cor)、ハマー(p)のトリオのみ。
11月2日 原宿 Music Roots 77
11月10日 ANAインターコンチネンタルホテル東京
[PR]
# by makotogotoh | 2007-09-11 07:11

映画「純愛」がBS1で本日22時15分から紹介。

公式HPより
チャンネル:NHK衛星第1放送
番組名  :きょうの世界
放映日時 :9月10日(月)22時15分~
テーマ  :○日中共同映画「純愛」(予告編画像もオンエア予定)
       ○映画と学校を作るプロジェクト
        ○小林桂子 ~1人の日本人女性の想い
       ○主題歌INORI&ATSUSHIさんの参加について
<付記>
実は金曜日に生出演でオンエアする予定だったのですが、
純愛プロジェクトの中身が非常に濃くて、深いことから、
舞台挨拶を含めてしっかり取材していてだけることになりました。
みなさんの熱い応援があることもNHKさんは注目してくれています。


とりあえずこれを見れば、『純愛』がどういう映画なのか
ひと通り理解できるものと思われます。
[PR]
# by makotogotoh | 2007-09-10 06:50